アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

2008.06.18 自動車ニュース

アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

トヨタ自動車は、新型の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」の受注が3万6000台に達したと発表した。

威風堂々路線そのまま、2代目にバトンタッチした「トヨタ・アルファード」。目下、市場では大盛況だという。

2008年5月12日の発売からちょうど1か月で、月間目標販売台数(3000台)の5倍を超える1万6000台を受注済み。新たに加わった兄弟車「ヴェルファイア」はさらに多い2万台(!)と、合わせて3万6000台が売れた。

同社によると、2種類あるエンジンの内訳は、アルファードで3.5リッターと2.4リッターがそれぞれ50%ずつ。一方のヴェルファイアは、3.5リッターが47%、2.4リッターが53%と、“小さいほう”が僅かにリードする。

グレード別に見ると、アルファードの一番人気は「350G」(26%)で、次点が「240S」(23%)。ヴェルファイアはエアロパーツをまとう2.4リッターモデル「2.4Z」(42%)が圧倒的。同じくエアロな「3.5Z」(28%)が続く。

なお、人気のボディカラーは、両車そろって1位が「ホワイトパール」、2位が「ブラック」。3位はそれぞれのイメージカラー、すなわち、アルファードが「ゴールドパールクリスタルシャイン」、ヴェルファイアが「ボルドーマイカメタリック」となっている。

(webCG 関)

 
アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェルファイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る