アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

2008.06.18 自動車ニュース

アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

トヨタ自動車は、新型の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」の受注が3万6000台に達したと発表した。

威風堂々路線そのまま、2代目にバトンタッチした「トヨタ・アルファード」。目下、市場では大盛況だという。

2008年5月12日の発売からちょうど1か月で、月間目標販売台数(3000台)の5倍を超える1万6000台を受注済み。新たに加わった兄弟車「ヴェルファイア」はさらに多い2万台(!)と、合わせて3万6000台が売れた。

同社によると、2種類あるエンジンの内訳は、アルファードで3.5リッターと2.4リッターがそれぞれ50%ずつ。一方のヴェルファイアは、3.5リッターが47%、2.4リッターが53%と、“小さいほう”が僅かにリードする。

グレード別に見ると、アルファードの一番人気は「350G」(26%)で、次点が「240S」(23%)。ヴェルファイアはエアロパーツをまとう2.4リッターモデル「2.4Z」(42%)が圧倒的。同じくエアロな「3.5Z」(28%)が続く。

なお、人気のボディカラーは、両車そろって1位が「ホワイトパール」、2位が「ブラック」。3位はそれぞれのイメージカラー、すなわち、アルファードが「ゴールドパールクリスタルシャイン」、ヴェルファイアが「ボルドーマイカメタリック」となっている。

(webCG 関)

 
アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る