アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

2008.06.18 自動車ニュース

アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!

トヨタ自動車は、新型の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」の受注が3万6000台に達したと発表した。

威風堂々路線そのまま、2代目にバトンタッチした「トヨタ・アルファード」。目下、市場では大盛況だという。

2008年5月12日の発売からちょうど1か月で、月間目標販売台数(3000台)の5倍を超える1万6000台を受注済み。新たに加わった兄弟車「ヴェルファイア」はさらに多い2万台(!)と、合わせて3万6000台が売れた。

同社によると、2種類あるエンジンの内訳は、アルファードで3.5リッターと2.4リッターがそれぞれ50%ずつ。一方のヴェルファイアは、3.5リッターが47%、2.4リッターが53%と、“小さいほう”が僅かにリードする。

グレード別に見ると、アルファードの一番人気は「350G」(26%)で、次点が「240S」(23%)。ヴェルファイアはエアロパーツをまとう2.4リッターモデル「2.4Z」(42%)が圧倒的。同じくエアロな「3.5Z」(28%)が続く。

なお、人気のボディカラーは、両車そろって1位が「ホワイトパール」、2位が「ブラック」。3位はそれぞれのイメージカラー、すなわち、アルファードが「ゴールドパールクリスタルシャイン」、ヴェルファイアが「ボルドーマイカメタリック」となっている。

(webCG 関)

 
アルファード&ヴェルファイア、一番人気はこのグレード!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェルファイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る