「BMW M3」にツインクラッチ式トランスミッション搭載

2008.06.17 自動車ニュース

「BMW M3」にツインクラッチ式トランスミッション搭載

BMWジャパンは、「M3」のクーペとセダンに、それぞれ新開発トランスミッション「M DCT ドライブロジック」を採用し、2008年6月16日に販売を開始した。

■SMGの進化版、ツインクラッチ式

「BMW M3」には、これまでもマニュアルトランスミッションをベースとするセミオートマチック・トランスミッション「SMG」が設定されていた(E36型〜E46型のM3に採用)。ただし、従来のSMGがシングルクラッチ式であったのと比較して、新設計の「M DCT ドライブロジック」はツインクラッチ式を採用。この点が、従来のトランスミッションと大きく異なる。

ツインクラッチ化による最大のメリットは、ギアのつながりが早くなり絶対的な加速性能がよくなることと、運転にダイレクト感が増し気持ちの良いギアチェンジを実現できることだろう。

もうひとつ、SMGより進化した点は、ギアの数が6段から7段に増えたこと。従来モデルのM3は6気筒エンジンで出力は343ps。これに対し、V8搭載のE92型M3は420psを発生。大幅にアップしたパワー&トルクを効率よく後輪に伝えられるトランスミッションに進化したのだ。

M DCT ドライブロジックの基本的な仕組みは、アウディ/フォルクスワーゲン系のDSGと同じ(BMWのは縦置きエンジン用だが)で、1、3、5、7速を受け持つクラッチと、2、4、6速用のクラッチを瞬時に切り替え、パワーの途切れない加速&減速を実現する。

一般的にツインクラッチ式の2ペダルMTは、マニュアルトランスミッションと同等かそれより早いギアチェンジが可能になり、トルクコンバーターを使った変速システムと比べて、燃費性能に優れるのも特徴である。つまり環境性能の観点からみても時代にあっているといえる。

ギアチェンジの操作は、ステアリングホイール上のパドルと、センターコンソール上のシフトレバーの両方で行える。自動変速モード付きなので、イージードライブも可能。オートマチック限定免許でも運転できる。

M DCT ドライブロジック搭載モデルの価格は、M3セダンが1020万円、M3クーペは1050万円。MT仕様と比べると、47万円高の設定となる。なお、6段MT仕様もこれまでどおり販売される。

(webCG 曽宮)

 
「BMW M3」にツインクラッチ式トランスミッション搭載の画像
 
「BMW M3」にツインクラッチ式トランスミッション搭載の画像
 
「BMW M3」にツインクラッチ式トランスミッション搭載の画像
 
「BMW M3」にツインクラッチ式トランスミッション搭載の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る