テスラ、「ロードスター」の2012年モデルを発売

2012.01.16 自動車ニュース

テスラ、「ロードスター」の2012年モデルを発売

テスラモーターズは2012年1月9日、電動スポーツカー「テスラ・ロードスター」の2012年モデルを発売した。

2010年5月に日本に導入され、電気自動車初の本格スポーツカーとして話題を呼んだ「テスラ・ロードスター」がマイナーチェンジを受け、2012年モデルとして発売された。

2012年モデルでは、ボディーカラーに「コズミック ブラック」「アッシュ グレー」「マグマ オレンジ」の3色が加わったほか、降雪時や氷上でのパフォーマンス向上のため、リアスノーカバーの追加や、モーターおよびインバーターの性能アップが図られた。

またエアコンの冷却性能の向上や夜間ドライブ時に視認性を高めるキセノンヘッドライトの採用、フロントガラスまわりのシーリング強化といった改良も施された。

日本仕様には、SAE J1772規格に準拠する普通充電コネクター「モバイルコネクター」が採用された。

価格は、「ロードスター2.5」が1276万8000円、「ロードスターsport 2.5」は1481万5500円。なお2012年モデルは、ヨーロッパと日本を含むアジア太平洋諸国のみで販売され、在庫がなくなり次第終了となる。

(webCG 曽宮)

「テスラ・ロードスター」
「テスラ・ロードスター」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。