VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場

2008.06.17 自動車ニュース

VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ E」に代わるエントリーモデルとして、新開発TSIエンジン+7段DSGを搭載した「ゴルフ TSIトレンドライン」を2008年6月17日に発売した。 

「ゴルフ TSIトレンドライン」は、2004年6月に登場したゴルフのエントリーモデル「E」の後継モデルとなる。
搭載されるエンジンは、1.4リッター直噴ターボ。今年2008年1月に登場した、ひとつ上の「TSIコンフォートライン」にも同じ1.4リッター直噴エンジンが搭載されるが、これはターボチャージャー+スーパーチャージャーのツインチャージャーであるのに対し、トレンドラインは、ターボのみのシングルチャージャーとなる。組み合わされるトランスミッションは、世界初の横置き7段DSGが採用される。

1.4リッターTSIシングルチャージャーユニットは、2リッターFSIエンジンと同等の最大トルク20.4kgmを1500rpmという低回転から発生し、0-100km/hの加速性能は、それを上まわるという。

また、同エンジンは、水冷式インタークーラーや小径ターボチャージャーの採用により、少ない排気で効率よくパワーを発揮。新設計の7段DSGとの組み合わせにより、「E」では12.8km/リッターだった燃費(10・15モード)を、15.4km/リッターへ20%アップ。日本で販売する歴代フォルクスワーゲンとして過去最高の低燃費を実現した。

7段DSGは、従来の6段から7段にすることにより、1速が約20%ローギヤードされ、一方、7速は約8%ハイギヤード化された。結果、低燃費、静粛性の向上に貢献したという。

エコアイテムとして、瞬間燃費や平均燃費などを表示する、マルチファンクションインジケーターも標準装備。

価格は、「E」より3.0万円アップの、248.0万円。

(webCG ワタナベ)


VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場の画像
乾式クラッチ採用の7段DSGイメージイラスト
乾式クラッチ採用の7段DSGイメージイラスト
ゴルフのラインナップは、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)、2リッターT-FSIの「GTI」(200ps/28.6kgm)、1.4リッターのツインチャージャーは出力違いで「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)の4グレードに、今回導入された1.4リッターシングルチャージャーの「TSIトレンドライン」(122ps/20.4kgm)を加え、全5グレードとなる。
ゴルフのラインナップは、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)、2リッターT-FSIの「GTI」(200ps/28.6kgm)、1.4リッターのツインチャージャーは出力違いで「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)の4グレードに、今回導入された1.4リッターシングルチャージャーの「TSIトレンドライン」(122ps/20.4kgm)を加え、全5グレードとなる。
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る