VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場

2008.06.17 自動車ニュース

VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ E」に代わるエントリーモデルとして、新開発TSIエンジン+7段DSGを搭載した「ゴルフ TSIトレンドライン」を2008年6月17日に発売した。 

「ゴルフ TSIトレンドライン」は、2004年6月に登場したゴルフのエントリーモデル「E」の後継モデルとなる。
搭載されるエンジンは、1.4リッター直噴ターボ。今年2008年1月に登場した、ひとつ上の「TSIコンフォートライン」にも同じ1.4リッター直噴エンジンが搭載されるが、これはターボチャージャー+スーパーチャージャーのツインチャージャーであるのに対し、トレンドラインは、ターボのみのシングルチャージャーとなる。組み合わされるトランスミッションは、世界初の横置き7段DSGが採用される。

1.4リッターTSIシングルチャージャーユニットは、2リッターFSIエンジンと同等の最大トルク20.4kgmを1500rpmという低回転から発生し、0-100km/hの加速性能は、それを上まわるという。

また、同エンジンは、水冷式インタークーラーや小径ターボチャージャーの採用により、少ない排気で効率よくパワーを発揮。新設計の7段DSGとの組み合わせにより、「E」では12.8km/リッターだった燃費(10・15モード)を、15.4km/リッターへ20%アップ。日本で販売する歴代フォルクスワーゲンとして過去最高の低燃費を実現した。

7段DSGは、従来の6段から7段にすることにより、1速が約20%ローギヤードされ、一方、7速は約8%ハイギヤード化された。結果、低燃費、静粛性の向上に貢献したという。

エコアイテムとして、瞬間燃費や平均燃費などを表示する、マルチファンクションインジケーターも標準装備。

価格は、「E」より3.0万円アップの、248.0万円。

(webCG ワタナベ)


VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場の画像
乾式クラッチ採用の7段DSGイメージイラスト
乾式クラッチ採用の7段DSGイメージイラスト
ゴルフのラインナップは、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)、2リッターT-FSIの「GTI」(200ps/28.6kgm)、1.4リッターのツインチャージャーは出力違いで「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)の4グレードに、今回導入された1.4リッターシングルチャージャーの「TSIトレンドライン」(122ps/20.4kgm)を加え、全5グレードとなる。
ゴルフのラインナップは、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)、2リッターT-FSIの「GTI」(200ps/28.6kgm)、1.4リッターのツインチャージャーは出力違いで「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)の4グレードに、今回導入された1.4リッターシングルチャージャーの「TSIトレンドライン」(122ps/20.4kgm)を加え、全5グレードとなる。

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る