VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場

2008.06.17 自動車ニュース

VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ E」に代わるエントリーモデルとして、新開発TSIエンジン+7段DSGを搭載した「ゴルフ TSIトレンドライン」を2008年6月17日に発売した。 

「ゴルフ TSIトレンドライン」は、2004年6月に登場したゴルフのエントリーモデル「E」の後継モデルとなる。
搭載されるエンジンは、1.4リッター直噴ターボ。今年2008年1月に登場した、ひとつ上の「TSIコンフォートライン」にも同じ1.4リッター直噴エンジンが搭載されるが、これはターボチャージャー+スーパーチャージャーのツインチャージャーであるのに対し、トレンドラインは、ターボのみのシングルチャージャーとなる。組み合わされるトランスミッションは、世界初の横置き7段DSGが採用される。

1.4リッターTSIシングルチャージャーユニットは、2リッターFSIエンジンと同等の最大トルク20.4kgmを1500rpmという低回転から発生し、0-100km/hの加速性能は、それを上まわるという。

また、同エンジンは、水冷式インタークーラーや小径ターボチャージャーの採用により、少ない排気で効率よくパワーを発揮。新設計の7段DSGとの組み合わせにより、「E」では12.8km/リッターだった燃費(10・15モード)を、15.4km/リッターへ20%アップ。日本で販売する歴代フォルクスワーゲンとして過去最高の低燃費を実現した。

7段DSGは、従来の6段から7段にすることにより、1速が約20%ローギヤードされ、一方、7速は約8%ハイギヤード化された。結果、低燃費、静粛性の向上に貢献したという。

エコアイテムとして、瞬間燃費や平均燃費などを表示する、マルチファンクションインジケーターも標準装備。

価格は、「E」より3.0万円アップの、248.0万円。

(webCG ワタナベ)


VW「ゴルフ」に新開発TSIエンジン+7段DSGのエントリーモデル登場の画像
乾式クラッチ採用の7段DSGイメージイラスト
乾式クラッチ採用の7段DSGイメージイラスト
ゴルフのラインナップは、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)、2リッターT-FSIの「GTI」(200ps/28.6kgm)、1.4リッターのツインチャージャーは出力違いで「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)の4グレードに、今回導入された1.4リッターシングルチャージャーの「TSIトレンドライン」(122ps/20.4kgm)を加え、全5グレードとなる。
ゴルフのラインナップは、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)、2リッターT-FSIの「GTI」(200ps/28.6kgm)、1.4リッターのツインチャージャーは出力違いで「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)の4グレードに、今回導入された1.4リッターシングルチャージャーの「TSIトレンドライン」(122ps/20.4kgm)を加え、全5グレードとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る