【スペック】全長×全幅×全高=4205×1760×1520mm/ホイールベース=2575mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=248.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】

そば屋の最終兵器 2008.06.17 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン(FF/7AT)
……248.0万円

「ゴルフ」シリーズのベーシックグレードとなる「TSIトレンドライン」は、最新のエンジンとトランスミッションを備えることで、まさに実用車のトレンド最先端を走るクルマとなった。

商売あがったりか!?

たとえばフォルクスワーゲンがそば屋だとして、かけそばばかり売れて天ぷらそばが売れなかったら商売あがったりではないでしょうか。
という心配をしてしまうほど、「ゴルフ」で最も安いグレードとなる248.0万円の「TSIトレンドライン」はよくできていた。マジメな話、「GTI」や「R32」という特殊なモデルを除けば、上級モデルを食っちゃう可能性は充分にある。

従来のゴルフ「E」(1.6リッターFSIユニット搭載)に代わって新たにラインナップに加わったTSIトレンドラインのキモは、エンジンとトランスミッション。
まずエンジンは、新開発の1.4リッターのTSIエンジン。上級グレードである「TSIコンフォートライン」や「GT TSI」も1.4リッターのTSIを積むけれど、あちらがツインチャージャー(ターボチャージャー+スーパーチャージャー)であるのに対し、新ユニットはターボのみのシングルチャージャーとなる。

もうひとつの目玉は、トランスミッションに採用された新設計の7段DSG。R32やGTIまでゴルフのDSGはすべて6段だったから、ベーシックグレードのトランスミッションが最も多段化が進んだことになる。


フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像
ゴルフの現行ラインナップは、1.4リッターツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)と「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、2リッターシングルチャージャーの「GTI」(200ps/28.6kgm)、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)の4グレードに、今回登場した「TSIトレンドライン」の計5グレード。「TSIトレンドライン」は、従来のエントリーモデル「E」に代わるモデル。
ゴルフの現行ラインナップは、1.4リッターツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)と「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、2リッターシングルチャージャーの「GTI」(200ps/28.6kgm)、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)の4グレードに、今回登場した「TSIトレンドライン」の計5グレード。「TSIトレンドライン」は、従来のエントリーモデル「E」に代わるモデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る