【スペック】全長×全幅×全高=4205×1760×1520mm/ホイールベース=2575mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=248.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】

そば屋の最終兵器 2008.06.17 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン(FF/7AT)
……248.0万円

「ゴルフ」シリーズのベーシックグレードとなる「TSIトレンドライン」は、最新のエンジンとトランスミッションを備えることで、まさに実用車のトレンド最先端を走るクルマとなった。

商売あがったりか!?

たとえばフォルクスワーゲンがそば屋だとして、かけそばばかり売れて天ぷらそばが売れなかったら商売あがったりではないでしょうか。
という心配をしてしまうほど、「ゴルフ」で最も安いグレードとなる248.0万円の「TSIトレンドライン」はよくできていた。マジメな話、「GTI」や「R32」という特殊なモデルを除けば、上級モデルを食っちゃう可能性は充分にある。

従来のゴルフ「E」(1.6リッターFSIユニット搭載)に代わって新たにラインナップに加わったTSIトレンドラインのキモは、エンジンとトランスミッション。
まずエンジンは、新開発の1.4リッターのTSIエンジン。上級グレードである「TSIコンフォートライン」や「GT TSI」も1.4リッターのTSIを積むけれど、あちらがツインチャージャー(ターボチャージャー+スーパーチャージャー)であるのに対し、新ユニットはターボのみのシングルチャージャーとなる。

もうひとつの目玉は、トランスミッションに採用された新設計の7段DSG。R32やGTIまでゴルフのDSGはすべて6段だったから、ベーシックグレードのトランスミッションが最も多段化が進んだことになる。


フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像
ゴルフの現行ラインナップは、1.4リッターツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)と「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、2リッターシングルチャージャーの「GTI」(200ps/28.6kgm)、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)の4グレードに、今回登場した「TSIトレンドライン」の計5グレード。「TSIトレンドライン」は、従来のエントリーモデル「E」に代わるモデル。
ゴルフの現行ラインナップは、1.4リッターツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」(140ps/22.4kgm)と「GT TSI」(170ps/24.5kgm)、2リッターシングルチャージャーの「GTI」(200ps/28.6kgm)、3.2リッターV6の「R32」(250ps/32.6kgm)の4グレードに、今回登場した「TSIトレンドライン」の計5グレード。「TSIトレンドライン」は、従来のエントリーモデル「E」に代わるモデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る