燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフ

2008.06.16 自動車ニュース

燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフ

本田技研工業は、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始。第1号車(北米仕様)を2008年6月16日にラインオフした。

2005年の東京モーターショーに「ホンダFCXコンセプト」として出品されてから約3年。その市販バージョンFCXクラリティが世に出でた。

生産を受け持つのは、栃木県塩谷郡にある「Honda四輪新機種センター」。燃料電池車専用の組み立てラインを新設し、燃料電池車特有の工程である燃料電池スタックや水素タンクの車載などを行う。
なお、燃料電池スタックは、同県芳賀郡のホンダエンジニアリングでの生産となる。

今後、米国では今年7月、日本では今秋にリース販売を開始する。販売予定台数は、日米合わせ、3年間で200台程度。7月7日から開催される北海道洞爺湖サミットにおいても、環境先進技術の一環として出展されることになっている。

(webCG 関)

ラインで最終チェックを受ける「FCXクラリティ」。
ラインで最終チェックを受ける「FCXクラリティ」。
水素タンクが組まれるところ。
水素タンクが組まれるところ。
 
燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフの画像

関連キーワード:
FCXクラリティホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
ホームへ戻る