燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフ

2008.06.16 自動車ニュース

燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフ

本田技研工業は、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始。第1号車(北米仕様)を2008年6月16日にラインオフした。

2005年の東京モーターショーに「ホンダFCXコンセプト」として出品されてから約3年。その市販バージョンFCXクラリティが世に出でた。

生産を受け持つのは、栃木県塩谷郡にある「Honda四輪新機種センター」。燃料電池車専用の組み立てラインを新設し、燃料電池車特有の工程である燃料電池スタックや水素タンクの車載などを行う。
なお、燃料電池スタックは、同県芳賀郡のホンダエンジニアリングでの生産となる。

今後、米国では今年7月、日本では今秋にリース販売を開始する。販売予定台数は、日米合わせ、3年間で200台程度。7月7日から開催される北海道洞爺湖サミットにおいても、環境先進技術の一環として出展されることになっている。

(webCG 関)

ラインで最終チェックを受ける「FCXクラリティ」。
ラインで最終チェックを受ける「FCXクラリティ」。
水素タンクが組まれるところ。
水素タンクが組まれるところ。
 
燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフの画像

関連キーワード:
FCXクラリティホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ホンダFCXクラリティ(FF)【試乗速報】 2009.1.20 試乗記 ホンダFCXクラリティ(FF)

    2008年に日本とアメリカでリース販売が始まったホンダの燃料電池車「FCXクラリティ」に緊急試乗。エコというよりも、リポーターはクルマとしての魅力に参ってしまったようだ。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る