燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフ

2008.06.16 自動車ニュース

燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフ

本田技研工業は、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始。第1号車(北米仕様)を2008年6月16日にラインオフした。

2005年の東京モーターショーに「ホンダFCXコンセプト」として出品されてから約3年。その市販バージョンFCXクラリティが世に出でた。

生産を受け持つのは、栃木県塩谷郡にある「Honda四輪新機種センター」。燃料電池車専用の組み立てラインを新設し、燃料電池車特有の工程である燃料電池スタックや水素タンクの車載などを行う。
なお、燃料電池スタックは、同県芳賀郡のホンダエンジニアリングでの生産となる。

今後、米国では今年7月、日本では今秋にリース販売を開始する。販売予定台数は、日米合わせ、3年間で200台程度。7月7日から開催される北海道洞爺湖サミットにおいても、環境先進技術の一環として出展されることになっている。

(webCG 関)

ラインで最終チェックを受ける「FCXクラリティ」。
ラインで最終チェックを受ける「FCXクラリティ」。
水素タンクが組まれるところ。
水素タンクが組まれるところ。
 
燃料電池車「ホンダFCXクラリティ」がラインオフの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • 第351回:新たな燃料電池が世界を救う!?
    日産「e-Bio Fuel-Cell」の将来性を考える
    2016.6.23 エディターから一言 2016年6月14日、バイオエタノールを燃料とする、新たな燃料電池車の技術を日産自動車が発表した。同社は、このエコカー開発がモビリティーの未来に大きく貢献すると主張するが……? そのメリットと、いま考えられる課題を報告する。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
ホームへ戻る