世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表

2008.06.16 自動車ニュース

世界最速4ドア?「べントレー・フライングスパー“スピード”」本国で発表

世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表

英ベントレーが、4ドアセダン「コンチネンタル フライングスパー」に一部改良を加えるとともに、高性能版「コンチネンタル フライングスパー スピード」を追加し、発表した。


世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表の画像

世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表の画像

世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表の画像

■フロント&リアデザインをリフレッシュ

ベントレーの「コンチネンタル フライングスパー」は、「コンチネンタルGT」(2ドア)をベースに2005年に誕生した4ドアモデルだ。フォルクスワーゲンのW型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、552psを発生。0-100km/h加速が5.2秒、最高速312km/hを記録する性能をもって、世界トップレベルの4ドアセダンに数えられる1台となった。

そのフライングスパーの2009年モデルが本国で発表された。新しいイヤーモデルのトピックは、外観の一部デザイン変更と、さらなる高性能を誇る「フライングスパー スピード」が追加されたことである。

外観の変更については、フロントグリルを現行型よりも切り立ったデザインとし、バンパー下部のエアインテーク中央部分をワイドな形状に変更。これらの改良によりベントレーならではのプロファイルを強調したというのがメーカーの主張である。リアデザインも見直した。サイドモールディングを車体後方まで回り込ませたデザインとするなど若干の変更を加えることで、オリジナルデザインを崩さない範囲で新しいイメージを打ち出している。

このほか変更が加えられた点としては、レーダーで前走車との車間距離を検知し、停止を含む幅広い車速域に対応させたアダプティブ・クルーズコントロール、1100Wの高出力オーディオシステム、新しい19インチアルミホイールを採用したことが挙げられる。


世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表の画像

世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表の画像

世界最速の4ドア?「べントレー・コンチネンタル フライングスパー スピード」が欧州で発表の画像

■「世界最速の4ドア」の座を守るべく

フライングスパーが登場した2005年当時は、ベントレーが(市販車カテゴリーでは)“世界最速の4ドア”を謳うことに異議を唱える向きは少なかった。が、プレミアムカー市場においてそのような称号は長く続かないことが多い。他からもメーカーの威信をかけたハイパフォーマンスモデルが次々と登場してくるからだ。

実際、フライングスパーの登場より少し前にも、「BMW M5」が0-100km/h加速=4.7秒という“俊足”を達成していた。また、最近では「メルセデス・ベンツ CLS63 AMG」が、0-100km/h加速=4.5秒!を樹立。これら2台のハイパフォーマンスカーは、メーカー間の紳士協定により最高速が250km/hに制限されているが、リミッターがなければベントレーより速いかもしれない。実際、M5はリミッターなしの状態では320km/h出ると言われている。

そのような市場背景を意識してのことだろう。ベントレーは、フライングスパーのさらに上をゆく高性能版として「フライングスパー スピード」を設定。2009年モデルから売り出すことを発表した。ベントレー史の古くにその名を刻んだ“スピード”の名が付けられた同モデルは、搭載するW12ツインターボのチューニングにより、スペックを最高出力610ps、最大トルク76.5kgmまで引き上げた高性能バージョンである。

公表データは0-100km/h加速が4.5秒、最高速は322km/hを達成。またしても呆れてしまうような高性能を実現した。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルフライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
ホームへ戻る