【スペック】全長×全幅×全高=4520×1855×1710mm/ホイールベース=2690mm/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4400rpm)(欧州仕様車)

ルノー・コレオス(4WD/6MT)【海外試乗記】

とってもルノー 2008.06.16 試乗記 ルノー・コレオス(4WD/6MT)

2008年3月のジュネーブショーでデビューした「ルノー・コレオス」。日産、ルノー、ルノー・サムスンの三社共同プロジェクトで生まれた、ルノー初のクロスオーバーモデルをモロッコで試す。

日韓仏の共同製作

今年2008年は日仏交流150周年。だからじゃないだろうが、ルノー初の本格派SUV「コレオス」は、わが国との関係が深い。デザインはルノーだが、エンジニアリングは厚木にある日産テクニカルセンターが担当。プラットフォームは「エクストレイル」や「デュアリス」と共通だ。

そういえば最大のライバルといえるPSAのSUV「プジョー4007」と「シトロエンCクロッサー」は「三菱アウトランダー」のOEM版。フレンチSUVは日本抜きでは語れないのが現状なのである。

さらにコレオスには韓国もからんでいる。ルノー・サムスン・モーターズの釜山工場で生産されるからだ。ルノー日産アライアンスのアジア拠点を有効活用した成り立ちといえよう。しかし国際試乗会が行われたのはなぜかモロッコ。世界遺産に指定されている古都フェズが舞台だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コレオスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • パリモーターショー2016の会場から(その5) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。ルノーは、EVコンセプトカーの「TREZOR(トレゾア)」を公開した。また、航続距離を300km以上に改善したEV「ZOE(ゾエ)」のマイナーチェンジモデルや、新型「コレオス」も展示した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 【パリモーターショー2016】日本勢はニューモデルラッシュ!(日本車編その2) 2016.10.4 自動車ニュース パリモーターショーでの日本車の話題はバラエティーに富んでいる。日産ブースの主役はコンパクトカー。新型「マイクラ」が主役を務めた。果たしてこの新型は、次期「マーチ」そのものなのだろうか? スズキやいすゞなども併せてリポートする。
  • パリモーターショー2016の会場から(その6) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。ルノーは、「クリオ」(日本名:ルーテシア)のマイナーチェンジモデルを発表した。併せて新型「メガーヌ セダン」、ピックアップトラックの「アラスカン」のほか、ルノー傘下にある「ダチア」の3車種なども展示した。
ホームへ戻る