【スペック】全長×全幅×全高=4520×1855×1710mm/ホイールベース=2690mm/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4400rpm)(欧州仕様車)

ルノー・コレオス(4WD/6MT)【海外試乗記】

とってもルノー 2008.06.16 試乗記 ルノー・コレオス(4WD/6MT)

2008年3月のジュネーブショーでデビューした「ルノー・コレオス」。日産、ルノー、ルノー・サムスンの三社共同プロジェクトで生まれた、ルノー初のクロスオーバーモデルをモロッコで試す。

日韓仏の共同製作

今年2008年は日仏交流150周年。だからじゃないだろうが、ルノー初の本格派SUV「コレオス」は、わが国との関係が深い。デザインはルノーだが、エンジニアリングは厚木にある日産テクニカルセンターが担当。プラットフォームは「エクストレイル」や「デュアリス」と共通だ。

そういえば最大のライバルといえるPSAのSUV「プジョー4007」と「シトロエンCクロッサー」は「三菱アウトランダー」のOEM版。フレンチSUVは日本抜きでは語れないのが現状なのである。

さらにコレオスには韓国もからんでいる。ルノー・サムスン・モーターズの釜山工場で生産されるからだ。ルノー日産アライアンスのアジア拠点を有効活用した成り立ちといえよう。しかし国際試乗会が行われたのはなぜかモロッコ。世界遺産に指定されている古都フェズが舞台だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コレオスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る