第45回:ミュージカルも夢じゃない? エンツォ・フェラーリ再発見の動き

2008.06.14 エッセイ

第45回:ミュージカルも夢じゃない? エンツォ・フェラーリ再発見の動き

生家復元

先日ふと思い出したことがあった。「エンツォ・フェラーリの生家」である。

今から遡ること2年半、2006年2月のこと。
パリのヒストリックカー見本市「レトロモビル」で、イタリア人のお姉さんがいるスタンドを発見した。モデナ市の鉄道沿いに残るエンツォの生家を修復して、その敷地内にモータースポーツ・ミュージアムも建設しようというプロジェクトだった。

総敷地面積は5000平方メートル。生家部分は吹き抜けの展示ホールとする。
ミュージアム部分のデザインはイギリスの建築事務所「フューチャー・システムズ」によるものだ。屋根はスポーツカーのルーバー付きフロントフードをイメージしたものである。内容は同じモデナのマセラーティを中心に、モータースポーツを振り返るものになるという。

プロジェクトを推進するのは、「フェラーリ生家財団」という組織。2003年にモデナ市および県、イタリア自動車クラプ(ACI)、そしてフェラーリ社の出資によって設立されたものだ。
建設予算は1000万ユーロ(現在の換算で約16億5000万円)である。完成するとマラネッロにあるフェラーリミュージアム「ガレリア・フェラーリ」と並ぶモデナ県の観光スポットとして機能する、というわけだ。

ところがプロジェクトが以後どうなったのか、ニュースを聞かなくなって久しいことに気がついたのである。
イタリアの建物は着工から完成まで時間がかかる。背景には景観維持を目的とした市の委員会による建築許可に時間がかることがある。また公共工事に多いのだが、インフレその他で工費が足りなくなるたび計画がストップしてしまうという現状もある。

したがって、にぎにぎしく計画が発表されたものの、その後ボクの記憶から消えてしまうものが多い。いや、実際に計画が中断していることもある。だから心配になったのである。

だが調べてみて安心した。昨2007年11月に、ようやく起工式が行なわれたという。当初の完成予定は今年2008年だったが、この感じだともう数年先か、たとえ間に合っても部分開館になると思われる。

エンツォ生家&モータースポーツ・ミュージアムの完成予想図。
エンツォ生家&モータースポーツ・ミュージアムの完成予想図。
エンツォ生家
エンツォ生家
透視予想図
透視予想図

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。