第361回:さすがはアウトバーンの国、ってか?
 ドイツで発見、コンチの“タイヤホテル”

2008.06.13 エッセイ

第361回:さすがはアウトバーンの国、ってか?ドイツで発見、コンチの“タイヤホテル”

知られざる世界No.1タイヤメーカー

こぼれ話はさておき、今回、俺はドイツナンバーワン・タイヤメーカーである「コンチネンタル」の取材でハノーバーに来ています。正直、日本じゃあまり知名度が高くないだけに、ちょっとナメてたっていうか、無知な部分があったんだけど、驚いたね。こんなにも偉大なメーカーだったとは。

まずはお堅い話、会社規模ね。まずコンチのタイヤ販売シェアは大ざっぱに世界第4位。1位と2位を我が日本のブリヂストンとフランスのミシュランが分け合い、3位にアメリカのグッドイヤー、そしてコンチへと続くんだけど、実は会社全体の売り上げは世界一! 具体的に2007年は4兆数千万円も売り上げ、3兆円台のミシュラン、BSを抑えてダントツなのだ。

どういうカラクリかっていうと、売り上げの半分以上が“タイヤ以外”、つまりブレーキシステムや横滑り防止システムのESCなどハイテクデバイスにあることにある。
タイヤだけだとほぼ1兆円規模らしく、それでもべつに小さかないが、ようするに今のコンチはタイヤメーカーっていうより、タイヤを中心とした“よろず安全デバイスメーカー”へと進化しているのだ。

ハノーバー中心街にあるフェアゴルスト。ドイツ、リプレイスタイヤ市場の約5%を占めるビッグチェーン。
第361回:さすがはアウトバーンの国、ってか?ドイツで発見、コンチの“タイヤホテル”
フェアゴルストの店内。
第361回:さすがはアウトバーンの国、ってか?ドイツで発見、コンチの“タイヤホテル”

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』