三菱、5ドアの「ランサースポーツバック」をパリサロンに出展

2008.06.13 自動車ニュース

三菱、5ドアの「ランサースポーツバック」をパリサロンに出展

三菱自動車工業は2008年6月11日、今秋開催されるパリ国際モーターショー(通称パリサロン)に「ランサー」(日本名:ギャランフォルティス)をベースとした5ドアハッチバックの「ランサースポーツバック」を出展すると発表した。

今秋以降、欧州市場に投入される予定の「ランサー」の5ドアハッチバックモデル「ランサースポーツバック」が、発売に先駆けパリサロンで初披露となる。

ハッチゲートが備わった荷室は、床面高さを2段階に調節でき、後席シートバックも荷室から倒すことが可能になったという。エンジンは1.5、1.8リッターのガソリンと、2リッターディーゼルターボをラインナップし、来春には新開発のクリーンディーゼルも追加される予定。

同時に、2リッターターボ(240ps)+4WDに2ペダルMTの「ツインクラッチSST」を組み合わせた、「ランサーラリーアート」「ランサースポーツバックラリーアート」も出展される。先のジュネーブショーなどで公開されたコンセプトカー「Prototype-S」同様の装備を持つスポーティモデルで、こちらもランサーシリーズのラインナップに加わる予定だ。

(webCG 本諏訪)

「ランサースポーツバック」(欧州仕様)
三菱、5ドアの「ランサースポーツバック」をパリサロンに出展
「ランサーラリーアート」(欧州仕様)
三菱、5ドアの「ランサースポーツバック」をパリサロンに出展
「ランサースポーツバックラリーアート」(欧州仕様)
三菱、5ドアの「ランサースポーツバック」をパリサロンに出展

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギャランフォルティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.7.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
    ……343万3500円

    ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。
  • 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.12.16 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)
    ……255万8850円/350万9100円

    「三菱ギャラン・フォルティス」シリーズに、ハッチバックボディの「スポーツバック」が加わった。さて、新しいボディ形状は、どんな変化をもたらしたのか……?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る