パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしい

2008.06.12 自動車ニュース

パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出る!?

パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしい

パリ国際モーターショーの主催者が日本に来日し、2008年度の開催概要を発表した。140万人を集める同ショー専務理事にショーの見所などを聞いた。


パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしいの画像

パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしいの画像

パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしいの画像

■世界5大モーターショー

パリサロンは、今年で110年目を迎える最も歴史の古いモーターショーだ。そして、世界的に見て国際的かつ格式のもっとも高いショーのひとつに数えられる。世界各地では様々なショーが日常的に開催されているが、自動車メーカーが重要モデルを発表するモーターショー、あるいは報道陣が海外出張してまで取材する見本市というのは限られている。

1月のデトロイト、3月のジュネーブ。前半は欧・米のこの2つが最も重要なショーであり、毎年開催されている。これに付け加えるとすれば、やや規模は落ちるがプレミアムカーが発表されることの多い4月のニューヨークショーと、同じく4月開催で世界の歴史あるショーを追い越す勢いのオートチャイナ(北京モーターショー)だろう。

いっぽう後半に行われるショーで重要なのは、ヨーロッパにて隔年開催されるパリサロンとフランクフルトショーだ。偶数年はパリサロン、奇数年はフランクフルトショーという順に開催され、いずれも質・規模ともに見応えのあるショーである。ちなみにもうひとつ無視できないのは、フランクフルトショーと同年の10月後半〜11月前半頃に開催される東京モーターショーだ。

デトロイト、ジュネーブ、パリ、フランクフルト、東京。これら5つが、現在のところ(数年後はわからないが)“世界5大ショー”を形成していることに異論を挟む余地はない。このうち規模(出展台数)が最も大きいのはフランクフルトショー(メイン会場は8〜10棟)で、もっとも小さいのはジュネーブショー(メイン会場は2棟ほど)だ。一方、国際自動車工業連合会(OICA)の資料によると、来場者数ではパリサロンが最も多く、前回(2006年)は143万1883人を記録。次に多いのは東京ショーで、前回(2007年)の数は142万5800人とパリサロンと拮抗している。フランクフルトショー(3位)は、その数97万1500人と意外に少ない。

パリ国際モーターショー専務理事ティエリー・エス氏。出展者側の情報を掴んでいる氏は「今年はイノベーションの多いモーターショーになるでしょう」と内容の充実ぶりを示唆した。(写真=高橋信宏)
パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしい

■メーカーへの働きかけは?

今回はパリサロンのプロモーションのために日本へ訪れた同ショーの専務理事、ティエリー・エス氏にお話を伺うことができたので、その模様をリポートしたい。

ティエリー氏の来日目的は、日本の自動車メーカーやメディアと直接あって、パリサロンのプロモーション活動を行うことだという。ちなみに日本では2〜3日滞在し、その後もサンパウロ、中国と世界各地を回るそうだ。

わざわざ世界各地でショーの宣伝をするぐらいだから、ショービジネスも大変なのだろう。来場者数や出展社数を増やすためにどのような活動をしているのだろうか。

自動車メーカーに、初出展のクルマの数を増やすよう働きかけをするのですか?
「いえ、それはしません。主催者側としてはもちろんワールドプレミアの数を増やしたいところですが、我々は自動車メーカーに対してそこまでの影響力をもっていません。それを決めるのはあくまで顧客である自動車メーカーということになります。彼らは新型車の開発スケジュールや市場を見極めた上で発表するクルマを決めるのです」とのこと。出展内容については、主催者はあくまで受け身の姿勢でいるようだ。


パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしいの画像

パリサロン主催者に聞く! インフィニティが出るらしいの画像

■インフィニティが欧州デビュー

2008年度のパリサロンの見所を教えてください。
「今年は、皆様のよく知っている自動車メーカーがニューブランドを欧州で立ち上げます。そう。日産自動車の高級車専門ブランド、“インフィニティ”です。フィアット・アバルトや中国の新規参入メーカーの出展も話題になるでしょう。ほかにも“フェラーリ・カリフォルニア”が登場する予定です。フランスからは12車種のニューモデルが登場するという噂です」

パリサロンは来場者が世界一ということですが、その魅力はどこにあると思いますか?
「パリの街に魅力がある。という立地条件もあろうかと思います。フランスの自動車メーカーにそれだけの集客力があるともいえましょう」

たとえばフランクフルトショーなど他のショーと比べ、どのようなところに優位性があると考えていますか?
「ジュネーブショーにはいい意味でこぢんまりした雰囲気があります。いっぽうフランクフルトショーはとても広い。パリサロンはその中間で、温かみと適度な広さの両方を兼ね備えています。また取材する記者の方の声を受けて、フランクフルトショーのように同じ時間帯にプレスコンファレンスが重なってしまうことがないようにしています。そのため1日目のプレスコンファレンスは朝7:30からスタートし、すべての会見を無理なく見て回れるようにします」

今後の目標を教えてください。
「目標は、やはり来場者数を増やすことです。そして出展者側にとって宣伝効果の高い見本市へと成長させることです。パリサロンに出展すると商品の知名度が上がるとか、クルマが良く売れるようになったとか、そういう効果の高さを期待したいですね。来場者数では、東京モーターショーに負けたくないと考えています(笑)」

本日はお忙しいところありがとうございました。

【動画】パリサロン、プレスデイ〜一般公開日 ダイジェストムービー

素材提供:パリ国際モーターショー事務局

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。