「VWゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

2012.01.16 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年1月16日、「ゴルフ」にアイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを採用した新モデル「TSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を追加して発売した。

「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」は、これまでゴルフのエントリーグレードだった1.2リッターTSIエンジン搭載の「TSIトレンドライン プレミアムエディション」をベースに、Start/Stopシステム(アイドリングストップ機構)とブレーキエネルギー回生システムを採用したモデル。これに伴い、10・15モード燃費は17.4km/リッターから18.4km/リッターへと約6%向上し、歴代のゴルフで最高となる低燃費を実現した。エコカー減税(75%減税)および新エコカー補助金(10万円)の対象モデルになる予定。

価格は264万円。新たに環境技術を追加しつつ、ベースモデルの仕様を一部見直すことによって1万円高に抑えたという。

「ブルーモーション テクノロジー」とは、Start/Stopシステムとブレーキエネルギー回生システムからなるテクノロジーパッケージの総称。これらの技術はゴルフとゴルフヴァリアント(ワゴン)を皮切りに、将来的にはすべてのフォルクスワーゲン車に採用していく予定という。

(webCG 竹下)

「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記