「VWゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

2012.01.16 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年1月16日、「ゴルフ」にアイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを採用した新モデル「TSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を追加して発売した。

「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」は、これまでゴルフのエントリーグレードだった1.2リッターTSIエンジン搭載の「TSIトレンドライン プレミアムエディション」をベースに、Start/Stopシステム(アイドリングストップ機構)とブレーキエネルギー回生システムを採用したモデル。これに伴い、10・15モード燃費は17.4km/リッターから18.4km/リッターへと約6%向上し、歴代のゴルフで最高となる低燃費を実現した。エコカー減税(75%減税)および新エコカー補助金(10万円)の対象モデルになる予定。

価格は264万円。新たに環境技術を追加しつつ、ベースモデルの仕様を一部見直すことによって1万円高に抑えたという。

「ブルーモーション テクノロジー」とは、Start/Stopシステムとブレーキエネルギー回生システムからなるテクノロジーパッケージの総称。これらの技術はゴルフとゴルフヴァリアント(ワゴン)を皮切りに、将来的にはすべてのフォルクスワーゲン車に採用していく予定という。

(webCG 竹下)

「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る