「VWゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

2012.01.16 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年1月16日、「ゴルフ」にアイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを採用した新モデル「TSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を追加して発売した。

「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」は、これまでゴルフのエントリーグレードだった1.2リッターTSIエンジン搭載の「TSIトレンドライン プレミアムエディション」をベースに、Start/Stopシステム(アイドリングストップ機構)とブレーキエネルギー回生システムを採用したモデル。これに伴い、10・15モード燃費は17.4km/リッターから18.4km/リッターへと約6%向上し、歴代のゴルフで最高となる低燃費を実現した。エコカー減税(75%減税)および新エコカー補助金(10万円)の対象モデルになる予定。

価格は264万円。新たに環境技術を追加しつつ、ベースモデルの仕様を一部見直すことによって1万円高に抑えたという。

「ブルーモーション テクノロジー」とは、Start/Stopシステムとブレーキエネルギー回生システムからなるテクノロジーパッケージの総称。これらの技術はゴルフとゴルフヴァリアント(ワゴン)を皮切りに、将来的にはすべてのフォルクスワーゲン車に採用していく予定という。

(webCG 竹下)

「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る