「VWゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

2012.01.16 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に初のアイドリングストップ装着車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年1月16日、「ゴルフ」にアイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを採用した新モデル「TSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を追加して発売した。

「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」は、これまでゴルフのエントリーグレードだった1.2リッターTSIエンジン搭載の「TSIトレンドライン プレミアムエディション」をベースに、Start/Stopシステム(アイドリングストップ機構)とブレーキエネルギー回生システムを採用したモデル。これに伴い、10・15モード燃費は17.4km/リッターから18.4km/リッターへと約6%向上し、歴代のゴルフで最高となる低燃費を実現した。エコカー減税(75%減税)および新エコカー補助金(10万円)の対象モデルになる予定。

価格は264万円。新たに環境技術を追加しつつ、ベースモデルの仕様を一部見直すことによって1万円高に抑えたという。

「ブルーモーション テクノロジー」とは、Start/Stopシステムとブレーキエネルギー回生システムからなるテクノロジーパッケージの総称。これらの技術はゴルフとゴルフヴァリアント(ワゴン)を皮切りに、将来的にはすべてのフォルクスワーゲン車に採用していく予定という。

(webCG 竹下)

「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」 拡大
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。
1.2リッターTSIエンジンは従来と同じ105psと17.8kgmを発生。 拡大
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。
ハッチゲートに「ブルーモーション テクノロジー」のバッジが付く。 拡大
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。
シフトセレクターの前方にStart/Stopシステムのキャンセルスイッチが用意される。 拡大

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る