第360回:コージの気まぐれドイツ半移住日記
 ユーロ2008でわかった! ドイツ人とオランダ人の微妙な関係

2008.06.12 エッセイ

第360回:コージの気まぐれドイツ半移住日記ユーロ2008でわかった! ドイツ人とオランダ人の微妙な関係

ドイツのビアホールにて

さーて、どっから書いていいんでしょうか、“勢いまかせ”! ここ最近、月2回のヨーロッパ出張が続いたんでワケわからなくなってきちゃいました(笑)。ってなわけでお口直しに先日起きた小ネタをば。

ほとんどクルマと関係ないハナシで恐縮だけど、実は今、ドイツ北西のハノーバーにいるわけですね。タイヤメーカーのコンチネンタルの世界的に有名なコンチドロームっつう、テストコースの取材をしてきたんだけど、それは後で報告するとして俺の隠れ目的は“ユーロ2008”!
そ、サッカーのヨーロッパ選手権よ。コッチじゃワールドカップより盛り上がるって言われてるくらいの、因縁てんこ盛りの大会。実は“因縁”の意味もよく分かってなかったんだけど、ハノーバーのTV付きビアホールで観戦していて、ワケがよーくわかりましたわ。

こっちじゃ9日夜8時頃から、“死のグループC”のイタリアv.s.オランダ戦をやってたんだけど、俺達日本人にとっちゃどっちも有名選手揃いがゆえに、フラットに観戦可能。かたやW杯チャンピオンで、かたや選手はもちろん監督まで超有名という、初戦きっての好カードだ。

これがメチャクチャいい試合なんだわ。親善ムード全くなしのギリギリの削り合いで、マジ“グリーン上の格闘技”。選手の技術レベルもメチャクチャ高くて、1回戦なのに「もしや決勝戦?」って言いたくなるくらい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』