【スペック】A3 スポーツバック1.8 TFSI (FF/6AT):全長×全幅×全高=4292×1765×1423mm/ホイールベース=2578mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(160ps/5000-6200rpm、25.5kgm/1500-4200rpm)(欧州仕様車)

アウディA3シリーズ【海外試乗記】

次のステージへ 2008.06.12 試乗記 アウディA3シリーズ

現行モデル発売から4年、アウディのコンパクトモデル「A3」がマイナーチェンジを受けた。内外装の小変更、エンジンのアップデイトなどが主な内容。ミュンヘンからリポート。

直4ターボチャージャー+Sトロニック

「アウディA3」は、1996年に初代モデルがデビュー。2代目は、2003年に3ドア、翌年に“スポーツバック”を謳う5ドアモデルがリリースされた。その現行モデルは、登場から4年が経過した2007年、年間生産台数が新記録を達成するなど、依然として注目すべきセールスの勢いをキープしている。
そんな中おこなわれたマイナーチェンジは、各モデルに積まれるパワーパック、つまりエンジンとトランスミッションをそれぞれ新バージョンへと刷新したのが主なメニューだ。

A3シリーズのイメージリーダーともなる「S3」は、2代目として日本市場に初上陸。これまでの3ドアボディに加え、5ドアボディにも設定されたことが、この期に及びようやく日本での販売を実現した理由と推測される。

というわけで、「この秋から日本でも発売」という最新モデルが、すべて5ドアモデルというのは今と同じ。ただし、日本市場向けは6気筒モデルがカタログ落ちした。4WDの“クワトロ”シャシーは、2リッターのターボエンジンとの組み合わせになるなど、ラインナップは大きく変更された。日本のA3がすべて“Sトロニック”仕様となるのも今回のリファインを機としたニュース。

いずれにしても、アウディが展開する「直噴ターボ付きエンジン+Sトロニック」という最新パワーパック戦略は、まずは末っ子であるA3シリーズから明確になった。

ヘッドライトの上縁に沿って光るLEDは、ポジションランプの役割を果たす。
ヘッドライトの上縁に沿って光るLEDは、ポジションランプの役割を果たす。
アウディA3シリーズ【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る