【スペック】全長×全幅×全高=3800×1720×1130mm/ホイールベース=2300mm/車重=870kg/駆動方式=MR/1.8リッター直4DOHC16バルブ(220ps/8000rpm、21.6kgm/6800rpm)(欧州仕様)

ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)【海外試乗記(後編)】

洗練された軽量ロケット(後編) 2008.06.10 試乗記 ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)

過給機で怒涛の加速を手に入れた、「エリーゼSC」。ロータス車の真骨頂たる、ハンドリングはどうなのか?
英国からのリポート。
『CG』2008年5月号から転載。
シンプルながらスタイリッシュなフォントに変更されたメーターは2008年モデルからの特徴。写真は速度計がマイル表示だが、ディスプレイ内にkm/h表示が出るために、試乗中も便利だった。シフトアップ・インジケーターも従来の1灯から3灯式となり、SCの場合6000rpm、7000rpm、8000rpmと段階的に3つ光るよう改善されている。
ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)【海外試乗記(後編)】

激辛なのに、ロータスらしい

エコ一色の裏で実はハイパワー競争華やかな現在にあっては、SCの絶対的な数値は“僅か”220psと21.6mkgとも言える。それなのに、なんというロケットダッシュ。前後重量配分38:62の後輪荷重をもってしても、トラクション・コントロールのランプが激しく点滅する(試乗車には多くのオプションが装着されていた)。

少し冷静さを取り戻して観察すれば、自然吸気エンジンに比べて僅かにスロットルレスポンスは穏やかと感じるものの、8500rpmという高いリミットまできっちりと回りきる様を含め、過給機付きであることを悪い意味で意識することはほとんどない。全回転域でトルキーな感触は、使い古された表現だが、実際は1.8リッターながら2.5リッターくらいのNAユニットを積むように錯覚する。

安楽なクルージングも不思議と退屈ではないエリーゼSCだが、その軽量な身のこなしを存分に楽しむならば、曲がりくねったカントリーロードである。全回転域がトルクバンドのようなSCのエンジンをもってすれば、漸進的なテールスライドを誘って楽しむことも極めて容易だ。しかしながら前述したペダル・トラベルが長いスロットルのために、必要なぶんだけ精密にパワーを取り出せる印象が強いから、強烈なパワーをヒシヒシと感じつつも不安感はない。

加えてエリーゼSCのサスペンションは、ピッチング方向にもロール方向にもスムーズにストロークをして、急激な荷重移動を起こすこともない。さらに書き添えると「アジリティが高い」とよく言われるステアリングにしても、その根源は軽量にこそあるのであって、意図的に高められたゲインによるものではないのだ。この穏やかな過渡特性こそが、車との濃密な会話を楽しみ、そして安心して高いペースを保てる理由だ。これはロードゴーイング・ロータスの、そしてブリティッシュ・ライトウェイトの佳き伝統と言えるだろう。

関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
ホームへ戻る