【スペック】全長×全幅×全高=3800×1720×1130mm/ホイールベース=2300mm/車重=870kg/駆動方式=MR/1.8リッター直4DOHC16バルブ(220ps/8000rpm、21.6kgm/6800rpm)(欧州仕様)

ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)【海外試乗記(前編)】

洗練された軽量ロケット(前編) 2008.06.09 試乗記 ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)

軽量コンパクトな「エリーゼ」が、過給機でパワーアップ。
名だたるスーパーカーに肩を並べるという実力を、本国イギリスで試した。

『CG』2008年5月号から転載。
一般にはトヨタ製と表現されるが開発はヤマハが担当した2ZZエンジンに、インテーク・マニフォールド一体型過給機を組み合わせる。ヤマハらしい鋭い回りっぷりはスーパーチャージドになっても同じで、8500rpmのレッドゾーンまでストレスなく回りきってみせる。その一方で、カントリーロードを流すくらいなら、3速に入れっぱなしでもまったく痛痒はないほど粘る(6速100km/h巡航=3000rpm弱で、極端なクロースレシオではない)。このSC用のVVTL-iは可変閾値で、スロットルの開度により4000〜6000rpmの間でカムの切り替えポイントが変わる。CO2排出量は202g/km(EU計測値)。
ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)【海外試乗記(前編)】

スーパースポーツモデル並み

現代におけるライトウェイト・スポーツカーの代名詞、ロータス・エリーゼにスーパーチャージャー付きモデルが加わった。昨年の東京モーターショーで初公開されたこのロータス・エリーゼSC(=SuperCharger)は、車重わずか870kgに最高出力220psの過給機エンジンを組み合わせるという過激なスペック。エリーゼの軽量なアルミ接着構造シャシーに乗せれば、136psのNAエンジンだって充分に速さを見せるというのに。このエリーゼSCの世界観とはいかなるものか、その答えを求めて英国はノーウィッチ・ヘセルにあるロータス本社を訪ねた。

エリーゼSCを簡単に表現すると、トヨタ製1.8リッター直4ユニット(2ZZ型)を積むエリーゼRの過給機付きバージョンだ。スーパーチャージド2ZZを背負うエキシージSのエリーゼ版であると言わない理由は、厳密には同じエンジンではないためである。少々細かい話になるが2車では過給機が異なっており、エリーゼSCのそれはエキシージSよりひと回り小さなイートン製ローターパックを使って、マグナソンが製造するものだ(ロータス・エンジニアリングとの共同開発品)。双方ともに特性そのものはほぼ変わらないとのことだが、エキシージSのエンジンスペック(221ps/7800rpm、22mkg/5500rpm)とほぼ同じ220ps/8000rpmと21.6mkg/6800rpmを実現しつつ、インタークーラーを省略していることがエリーゼSCユニットの大きな特徴で、このため8kgも軽量に仕上がったほか、エンジンフードが盛り上がって後方視界を阻害するという欠点も回避できている。

関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る