第44回:期間限定! ゆる〜さ満載の「500ショップ」に急行せよ

2008.06.07 エッセイ

第44回:期間限定! ゆる〜さ満載の「500ショップ」に急行せよ

ドンキに見せたい

イタリアにおける商店は、日本人からすると不思議なことの連続である。
そもそも、商売人の基本である「いらっしゃいませ〜」のような挨拶がない。日本のコンビニ店員のマニュアルどおりの「いらっしゃいませ〜」が必要か疑問であるが、ないとこれまた結構寂しいものだ。

店内もこれまた不可解なことがある。余分な空きスペースがやたら多いのだ。店によっては、ワンフロアまるまる空いていたりする。ドン・キホーテの逆を行くといえば、わかりやすいだろう。

まあ、イタリアは古い建物が多く、借りるにしても購入するにしても「ぜんぶまとめて」という物件が多いから仕方がないのだろう。
それにしても、売り場1平方メートルあたりの売れゆきを日々計測して、陳列に頭をひねっている東京の店長さんが見たら羨ましがるような、ゆとりある造りである。

不思議なことの極めつけは、「店員が誰かわからない」ことだ。知り合いの親父が遊びに来ていて、さも店員のように馴染んでしまっているのである。
店員のほうも名札を着けていることは少ないから、さらにわからない。したがって初めて訪れた客は、誰が店員かわかるはずがない。いや一見の客でなくてもわからない。そういう親父は毎日店に来ているからだ。しばらくその店に通ってからようやく「あんた、店員じゃないんだ」と気づくのだ。
かくも、ゆるさ溢れるのがイタリア式商店なのである。

南ア出身の画家E.マーラングーによるアートカー。
南ア出身の画家E.マーラングーによるアートカー。
将来500グッズを拡販するうえでのアンテナショップ役も。
将来500グッズを拡販するうえでのアンテナショップ役も。
新型500のラジコン。
新型500のラジコン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。