スズキ「ジムニー」「ジムニーシエラ」に2トーンカラーの特別仕様車

2008.06.06 自動車ニュース

スズキ「ジムニー」「ジムニーシエラ」に2トーンカラーの特別仕様車

スズキは2008年6月5日、4WDの「ジムニー」と「ジムニーシエラ」に、専用装備などを与えた特別仕様車「ランドベンチャー」を設定し発売した。同時に、ジムニーシリーズのエンジンに改良も加えられた。

「ランドベンチャー」は、専用のフロントバンパーや、本革&ファブリックのフロントシートなどが与えられた特別仕様車。LEDサイドターンランプ付きドアミラーや、「LAND VENTURE」ロゴ入りのスペアタイヤハウジング、専用ドアエンブレムも付与される。

車体色はオリーブグレーメタリック、ノクターンブルーパールを含む全4色で、下部がグレーの2トーンに塗装される。
価格は「ジムニー ランドベンチャー」が150万8850円(5MT)と161万7000円(4AT)、「ジムニーシエラ ランドベンチャー」が164万5350円(5MT)と175万3500円(4AT)。

なお、特別仕様車の設定と同時に、ジムニーのエンジンにはシリンダーヘッドの改良が加えられた。最高出力、最大トルクなどは変わらないものの、加速感と扱いやすさ向上を果たしたと謳われる。シルバーのスペアタイヤハーフカバーが、ジムニー/ジムニーシエラに採用されたことも新しい。

(webCG 本諏訪)

「ジムニー ランドベンチャー」
「ジムニー ランドベンチャー」
「ジムニー ランドベンチャー」のフロントシート。前席にはシートヒーターも特別に採用される。
「ジムニー ランドベンチャー」のフロントシート。前席にはシートヒーターも特別に採用される。
「ジムニーシエラ ランドベンチャー」
「ジムニーシエラ ランドベンチャー」

関連キーワード:
ジムニージムニーシエラスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る