【スペック】全長×全幅×全高=4178×1842×1352mm/ホイールベース=2468mm/車重=1370kg/駆動方式=フルタイム4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボディーゼルインタークーラー付き(170ps/4200rpm、35.7kgm/1750-2500rpm)(欧州仕様車)

アウディTTクーペ 2.0 TDI クワトロ(4WD/6MT)【海外試乗記】

驚きの味 2008.06.06 試乗記 アウディTTクーペ 2.0 TDI クワトロ(4WD/6MT)

ディーゼルでルマン24時間レースを戦うアウディが、ディーゼルの市販スポーツカーを作ったら……? 「TT」の新グレードに本国ドイツで試乗した。
「TDI」のエンブレム以外、ガソリンモデルと外観上の違いはない。
アウディTTクーペ 2.0 TDI(4WD/6MT)【海外試乗記】

スポーツカー×ディーゼル=?

「なんじゃこりゃ〜!!」と思わず松田優作口調になってしまったのは、アウディTTSの試乗会の案内に「ディーゼルエンジン搭載のTT TDIもお試しいただけます」とあったからだ。

ディーゼルを積む欧州製のセダンやSUVはいくつか経験しているけれど、スポーツカーとディーゼルの組み合わせを想像すると、頭上に大きなクエスチョンマークが灯る。
だって、高性能スポーツカーを評価する常套句は、「エンジンは高回転まで小気味よく回る」や、「レッドゾーン付近のエンジンの咆哮」というもの。TT TDIには小気味や咆哮は期待できないのではないか!?
(……あくまで想像だけど)

というわけでアウディTTの高性能バージョン、TTSを試乗した際に、このTT TDIもチョイ乗りする機会を得た。日本への導入はまったくの未定ということもあり、限られた時間での試乗ではあった。けれど、この興味深いクルマについて知り得たことを、少しでもお伝えしたいと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年3月28日、コンパクトセダンの高性能モデル「アウディRS 3セダン」を発表した。価格は785万円。同年7月上旬に、販売を開始する。
  • アウディ、最高出力400psの新型「TT RS」を発表 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンが新型「TT RS」の受注を開始した。エンジンには新開発の2.5リッター直5直噴ターボを搭載しており、従来モデルを大きく上回る400psの最高出力と48.9kgmの最大トルクを実現。0-100km/h加速はクーペで3.7秒と公称している。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る