オーテック、新型「ティアナ」をさらに上質に

2008.06.04 自動車ニュース

オーテック、新型「ティアナ」をさらに上質に

オーテック、新型「ティアナ」をさらに上質に

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、フルモデルチェンジを果たした「日産ティアナ」をベースとしたカスタマイズモデル「アクシス」を、2008年6月2日に発売した。

シルキーエクリュの内装
オーテック、新型「ティアナ」をさらに上質に

ベース車同様の進化を果たした新型「ティアナ・アクシス」は、エクステリアに専用のフロントグリルやアルミホイール、マフラーなどが与えられ、品格と精悍さを兼ね備えた(プレスリリース)と謳われる。一方インテリアは、本革シートや黒和紙調のフィニッシャーで飾られた。
さらに2.5リッターFFモデルには、YAMAHA製のパフォーマンスダンパーと専用サスペンションが装備され、上質なコンフォートライドが実現されたという。

ボディカラーは特別塗装色の「ホワイトパール」を含む4色を用意。内装はシルキーエクリュ(ツートーン)かブラックのどちらかを選ぶことができる。価格は2.5リッターFFが310.8万円、3.5リッターFFが464.1万円、2.5リッター4WDが331.8万円となる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティアナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る