仏プジョー、「407」シリーズを一部改良

2008.06.04 自動車ニュース

仏プジョー、407シリーズを一部改良

仏プジョーが、「407」シリーズに一部変更を施し、ヨーロッパで2008年夏に販売を開始すると発表した。

■新フロントグリルを採用

一部改良が予定されているのは、「407セダン」と「407SW」の2モデル(クーペ407は該当せず)。エクステリアの意匠変更のほか、環境性能を高めた新エンジンの搭載が主な改良点だ。

エクステリアについては具体的な記述はないが、写真をみる限り現行モデルと明らかに違うのは、フロントグリルとリアコンビランプ。フロントグリルは最近デビューした308シリーズ同様に、内部に格子状のラフメッシュを採用。リアコンビランプは一部にクリア処理が施されているが、形状そのものは変わっていない模様。

メカニズム面では、改良型の「2リッターHDi」が搭載される。最新のディーゼルでは、出力を3kW(約4ps)向上させつつ、燃費を向上させてCO2排出量を減らした。具体的には、最高出力140psを発生し、燃費は100km走行あたり5.6リッター(17.9km/リッター)、CO2排出量は150g/kmに抑えた。欧州の新世代排出ガス基準ユーロ5に適合するという。

ちなみに欧州ではこの2リッターHDiのほか、出力110ps、CO2排出量140g/kmの「1.6HDi FAP」も設定される。「FAP」とは、排出ガス内の有害物質(特に粒子状物質PM)を低減するディーゼルパティキュレートフィルター装着車を意味である。

また、エタノール85%とガソリン15%を混合した「E85」に対応させた「2リッター バイオフレックス」エンジンも新たに407シリーズに搭載される予定となっている。

(webCG 曽宮)

2008年夏に欧州で発売予定の新型407セダン
2008年夏に欧州で発売予定の新型407セダン
407セダン(右)、407SW(左)
407セダン(右)、407SW(左)
フロントグリルの「縦線」が目立つようになった。
フロントグリルの「縦線」が目立つようになった。
一部にクリア処理が施されたリアコンビランプ。
一部にクリア処理が施されたリアコンビランプ。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】 2011.7.31 試乗記 プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)
    ……414万円/409万円

    「プジョー508/508SW」に、徳大寺有恒が試乗。歴代プジョーを乗り継いだ巨匠は、新たなフラッグシップをどう評価する?
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る