仏プジョー、「407」シリーズを一部改良

2008.06.04 自動車ニュース

仏プジョー、407シリーズを一部改良

仏プジョーが、「407」シリーズに一部変更を施し、ヨーロッパで2008年夏に販売を開始すると発表した。

■新フロントグリルを採用

一部改良が予定されているのは、「407セダン」と「407SW」の2モデル(クーペ407は該当せず)。エクステリアの意匠変更のほか、環境性能を高めた新エンジンの搭載が主な改良点だ。

エクステリアについては具体的な記述はないが、写真をみる限り現行モデルと明らかに違うのは、フロントグリルとリアコンビランプ。フロントグリルは最近デビューした308シリーズ同様に、内部に格子状のラフメッシュを採用。リアコンビランプは一部にクリア処理が施されているが、形状そのものは変わっていない模様。

メカニズム面では、改良型の「2リッターHDi」が搭載される。最新のディーゼルでは、出力を3kW(約4ps)向上させつつ、燃費を向上させてCO2排出量を減らした。具体的には、最高出力140psを発生し、燃費は100km走行あたり5.6リッター(17.9km/リッター)、CO2排出量は150g/kmに抑えた。欧州の新世代排出ガス基準ユーロ5に適合するという。

ちなみに欧州ではこの2リッターHDiのほか、出力110ps、CO2排出量140g/kmの「1.6HDi FAP」も設定される。「FAP」とは、排出ガス内の有害物質(特に粒子状物質PM)を低減するディーゼルパティキュレートフィルター装着車を意味である。

また、エタノール85%とガソリン15%を混合した「E85」に対応させた「2リッター バイオフレックス」エンジンも新たに407シリーズに搭載される予定となっている。

(webCG 曽宮)

2008年夏に欧州で発売予定の新型407セダン
2008年夏に欧州で発売予定の新型407セダン
407セダン(右)、407SW(左)
407セダン(右)、407SW(左)
フロントグリルの「縦線」が目立つようになった。
フロントグリルの「縦線」が目立つようになった。
一部にクリア処理が施されたリアコンビランプ。
一部にクリア処理が施されたリアコンビランプ。

関連キーワード:
407セダンプジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • ジュネーブモーターショー2018(その5) 2018.3.8 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。プジョーは新型「508」を披露したほか、新型小型MPVの「リフター」を発表した。同社のブースを写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2018】アルピーヌA110に新バリエーションが登場 2018.3.12 自動車ニュース 新ラッシュに沸くジュネーブモーターショー2018(開催期間:2018年3月6日~18日)。プジョーとシトロエン、そしてルノーと、フランスメーカーの見どころを紹介する。プジョーのブースで一番目立っていたのは……?
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • 新型「アルピーヌA110」、まずは限定車が先行発売 2018.6.22 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2018年6月22日、新型スポーツカー「アルピーヌA110」の本格導入に先駆け、「プルミエールエディション」を50台限定で販売すると発表し、注文受け付けを開始した。購入希望者多数の場合は抽選販売となる。
ホームへ戻る