【スペック】全長×全幅×全高=4671×1895×1829mm/ホイールベース=2690mm/車重=1948kg/駆動方式=4WD/4リッターV6DOHC24バルブ(242ps/5200rpm、38.4kgm/3700rpm)(北米仕様車)

トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】

日本生まれ北米育ち 2008.06.04 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)
日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。

ベースはプラド

「40系」と称された“ジープルック”の「トヨタ・ランドクルーザー」。1960年の発売以降、四半世紀近くセールスが続けられ今でも世界各国で名車の誉れが高い。「トヨタFJクルーザー」とは、そんなヨンマルのアイコンをデザインに採りいれたいわゆるノスタルジックカー。2006年から北米マーケット限定で発売されているモデルだ。

郷愁を呼び起こすフロントマスクを備えたモデルだが、“レトロカー”と称されるモデルたちと一線を画すのは、そのデザインがノスタルジーの演出だけにとどまらず、たとえばサイドビューなどには新たなスタイリングの提案も盛り込んだ点にある。ハードウェアも、このモデルがベースとするのは日本でいうところの「ランドクルーザー・プラド」。すなわち、ボディ骨格には屈強なフルフレーム方式を採用するなど、見た目だけではなくその構造上もヨンマルに敬意を表した本格的なオフローダーとしての内容を備えるのだ。

米国旅行の折に運よく触れることができたのは最新の2008年モデル。以前のモデルと異なる点は、全席対応のカーテンエアバッグが標準装着され、ビルシュタイン製ダンパーやラグ溝タイヤ、リアのデフロックなどといった本格的なヘヴィーデューティ装備が“オフロードパッケージ”としてオプション設定されるところある。

6段MT(!)や後2輪駆動モデルも用意されるFJクルーザーだが、今回借り出したのは4WDの5段AT仕様。オプションとして、キーレスエントリーやバックソナーなどからなる“コンビニエンスパッケージ”や、ダッシュボード上の3連マルチインフォディスプレイ、サブウーハー付きアップグレードオーディオなどがセットの“アップグレードパッケージ”が装備される。これだけ付いても価格は、3万868ドル(約320万円)となかなかリーズナブルだ。

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る