トーヨータイヤから環境対応タイヤ発売、秋には新シリーズも

2008.06.03 自動車ニュース

トーヨータイヤから環境対応タイヤ発売、秋には新シリーズも

東洋ゴム工業は2008年6月3日、環境性能を高めたコンフォートタイヤ「PROXES CT01e」を発表。同日販売を開始した。

■秋に新シリーズの環境配慮タイヤをリリース予定

今回発表された「PROXES CT01e」は、現行品「CT01」から低燃費性をより高めたコンフォートタイヤである。
新技術「低燃費パウダー」をトレッドに配合することで、分子レベルでのエネルギーロスを低減。同時に、サイドウォールの構造などを見直すことで、ころがり抵抗を22%低減しながらも、通常背反する性能であるブレーキング性能は、同等以上としたという。トレッドパターンには「CT01」と同一のものが用いられ、静粛性や運動性能に関しても同等レベルがキープされたと謳われる。
なお、タイヤを構成する素材には、天然ゴムやシリカ、再生繊維(レーヨン)などの天然由来資源が用いられ、環境へ配慮された。

発売サイズは「トヨタ・プリウス」などを意識した、185/65R15の1サイズのみ。価格はオープンとなるが、実売価格は同サイズ「CT01」のおよそ15%アップを想定するという。

東洋ゴム工業はこの「CT01e」に続き、この秋には環境配慮タイヤの新シリーズの発表も予定している。

(webCG 本諏訪)


トーヨータイヤから環境対応タイヤ発売、秋には新シリーズもの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。