クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4730×1770×1520mm/ホイールベース=2670mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4 DOHC16バルブターボインタークーラー付き(265ps/5600rpm、35.7kgm/2400rpm)/車両本体価格=368万250円(テスト車=397万9500円/専用オーディオ一体型HDDナビゲーション=29万9250円)

スバル・レガシィアウトバック2.5XT EyeSight(4WD/5AT)【試乗記】

一番楽なレガシィ 2008.06.03 試乗記 スバル・レガシィアウトバック2.5XT EyeSight(4WD/5AT)
……397万9500円

次期モデルの噂もちらほら。「スバル・レガシィアウトバック」が、大陸仕込みの2.5リッターターボエンジンを初搭載。ハイテク安全技術も備えたという走りやいかに? 『webCG』のコンドーと関が乗ってみた。

受賞エンジン、初搭載!

コンドー(以下「コ」):「レガシィ」、久々にちゃんと見たけど、いいやん!
関(以下「せ」):でも、もう5年目なんですよ。現行型の4代目って、2003年5月のデビューですから。

コ:そんなに古く見えへん。“感動性能”いうて、カー・オブ・ザ・イヤー取ったよなぁ? 広報のヒトが感動して泣いてはった。
せ:2006年の5月には、マイナーチェンジでグリルやシートが変わった。本気モードからエコモードまで、ボタンひとつでエンジンやトランスミッションの特性を変えられる「SI-DRIVE」システムも備わりました。
コ:“インテリジェント・レガシィ”な。燃費方面にも対応した、と。で、今年の5月は、何も起こらんのかいな?
せ:そのひとつが、コレ。新しくなった「レガシィアウトバック」です。

コ:どこがどうやねん? いままでと同じに見える。
せ:車高が25mm下がってるんですよ。
コ:道理で精悍に……って、ちゃうやろ。アウトバックは、普通のレガシィより7cmくらい車高上がってんのがウリのはず。「悪路でもへっちゃら」がええんやん。
せ:低いのにはワケがある。「レガシィ」シリーズで初めて、2.5リッターのターボエンジンを載せたんです。

コ:2.5リッター? 前からなかったっけ? 6気筒は3リッターNAが1種類。4気筒は……ぎょうさんあって、わかりにくいねん。
せ:「レガシィ」シリーズのフラット4ユニットは、2リッターNA、2リッターターボ、そして2.5リッターのNA。今回の2.5リッターターボは、4年ほど前から北米で扱われ、国内初登場です。
コ:ひょっとして、2008年のエンジン・オブ・ザ・イヤー取ったやつ!?
せ:カー・オブ・ザ・イヤー取ったクルマに、太鼓判のエンジン搭載! こりゃ、乗らない手はないでしょう。

コ:いかにも美味そうや。でも、パワーアップを理由に車高下げるくらいやったら、元から低い、普通のツーリングワゴンとかB4と組み合わせたほうがええような……
せ:それもまた、ワケありみたいですよ。まずは乗ってみるとしますか。

2006年5月から装備された「SI-DRIVE」(のボタン)。2008年5月以降は、エントリーグレードの2.0iを除きレガシィシリーズ全車に備わるようになった。
2006年5月から装備された「SI-DRIVE」(のボタン)。2008年5月以降は、エントリーグレードの2.0iを除きレガシィシリーズ全車に備わるようになった。 拡大
写真で違いがわかるかどうか。車高が従来より25mm低めのアウトバック「2.5XT」。
写真で違いがわかるかどうか。車高が従来より25mm低めのアウトバック「2.5XT」。 拡大
こちらは、2リッターターボモデル「2.0GT」のエンジンルーム。2008年5月にもマイチェンが実施され、ヘッドランプの“目頭部分”にポップアップ式ウォッシャーが備わった。
こちらは、2リッターターボモデル「2.0GT」のエンジンルーム。2008年5月にもマイチェンが実施され、ヘッドランプの“目頭部分”にポップアップ式ウォッシャーが備わった。 拡大

似てるけれども違う味

コ:インテリアも、いままでと同じように見えるで。
せ:黒い木目が新たなマイチェンポイントですよ。樹脂製だけど。
コ:センターコンソールは左右対称に見えて、ちょとだけドライバーのほう向いてる。クルマ好きにはグッとくる。
せ:そこもポイント。オーディオパネルがつやつやのピアノブラックになりました。

コ:それはそうと、アイドリング付近のエンジン音がウルサない? 
北米じゃ「大陸向けにガサツにできてる」って声もあったらしいやん。
せ:2リッターターボの「2.0GT」と比べれば、ボクサーエンジンのドコドコ感がわかりますね。排気干渉がリファインされた現行型にあって、味わい深くていいじゃないですか。

コ:出足は、はっきり差がある。2.5リッターでターボやからなぁ。320psくらい出てるのとちゃう?
せ:265ps/5600rpm、35.7kgm/2400rpmだから、オートマの「2.0GT」(260ps/6000rpm、35.0kgm/2000rpm)と、カタログ上はあまり変わりません。

コ:……やっぱ、わかりにくいわ。数字はそれこそビミョーな差やけど、実際の味は結構違うもんや。
せ:2.0GTは4000rpm以上でノッてくる感じ。いっぽう2.5XTは、3000rpm以下でグイグイ走るから、日常ユースでは扱いやすいと思います。

コ:乗り心地も、XTのほうがええ。しかも、速い。
せ:実際、停車時からの加速競争はXTが上なんです。でも、調子に乗って飛ばしてると……

コ:コーナーで怖いよな。なんぼ専用サスを奢ったいうても、ビルシュタインでキメた2.0GTみたいにビシッと安定してへん。タイヤの違いも大きいな。
せ:ターボラグもちょっと大きめだし、峠道を走るなら2.0GTに分がありますね。クローズドサーキットのタイムも、そんな感じだそうです。

コ:2.0GTは、常にMTモードでガンガン走りたくなるもんな。2.5XTは、ATで乗るんが合うてる。
せ:Dレンジしか使わないならXTを選んだほうがいい。高速を多用するひと、都会生活者にはぴったり。スバルは“大人のターボ”と呼んでます。

コ:ちゃんと棲み分けできてるんやん。ところでその大人か何か知らんけど、さっきからピーピーピーピー……ウルサイんやけど、これも新しい機能かなにか?

2.5XTの運転席まわり。黒内装に黒い木目調パネルでシックな印象。
2.5XTの運転席まわり。黒内装に黒い木目調パネルでシックな印象。 拡大
日本市場初投入の2.5リッターターボエンジン。カバーの意匠も前ページにある2リッターターボと(微妙に)異なる。
日本市場初投入の2.5リッターターボエンジン。カバーの意匠も前ページにある2リッターターボと(微妙に)異なる。 拡大
 
スバル・レガシィアウトバック2.5XT EyeSight(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
スポーツワゴンの2.0GTには、ビルシュタイン社製のサスペンションが奢られる。タイヤ銘柄は「ブリヂストン・ポテンザRE050A」。
ちなみに、アウトバック2.5XTの足元は、従来のアウトバック用だったオールシーズンタイヤ「ヨコハマGEOLANDER G900」から夏用の「ヨコハマASPEC A439」に履きかえられている。
スポーツワゴンの2.0GTには、ビルシュタイン社製のサスペンションが奢られる。タイヤ銘柄は「ブリヂストン・ポテンザRE050A」。
	ちなみに、アウトバック2.5XTの足元は、従来のアウトバック用だったオールシーズンタイヤ「ヨコハマGEOLANDER G900」から夏用の「ヨコハマASPEC A439」に履きかえられている。 拡大

目の上の“ごっつい”タンコブ

せ:「車線からはみ出しそう」って、レーンキーピング機能の警告。イン攻めすぎなんですよ!
コ:レガシィにそんな装備が? まるでトヨタの高級車みたいやん。……ひょっとして、技術提携?

せ:この「EyeSight」(アイサイト)は、スバルが独自に開発したプリクラッシュセーフティシステムだそうです。レーダーじゃなくて、人間の目のように2台のステレオカメラで状況判断するのがミソ。
コ:マイチェンの“目玉”ゆうわけや。ワッハッハ。……運転中はたいして気にならんかったけど、まじまじ見るとごついなぁ。バンパーに小さなレーダーでも入れりゃ済みそうなもんやけど。

せ:ステレオカメラのほうが天気の影響を受けにくいし、歩行者や自転車など、至近距離で動く対象を判断するのに有利だそうですよ。
コ:車線逸脱防止のほかにも、いろいろできそうやな。

せ:前車追従機能付きのクルーズコントロールに、追突防止。15km/h以下の低速でも効くというのが、アピールポイントなんです。
コ:ほな、渋滞なんか最強やん。気軽にオーディオの操作できるし、ウトウトしてもても一安心!?

せ:それが、結局はブツかっちゃうんです。アイサイトの仕事は、あくまで追突被害の軽減。ドライバーを過信させないように、完全に寸止めはしてくれません。
コ:ビミョーやなぁ。接触でも事故は事故やろ。バンパー同士がすこーし触れただけで起こってる渋滞なんか、一掃されると思たのに。

せ:音による警告はちゃんとしてくれるから、あとはドライバー次第です。もっとも、今後市場が望むなら、衝突前に停める方向に動くみたいですけど。
コ:まあ、普及するかどうかは、値段次第や。
せ:「アイサイト」の装備価格は、20万円ほど。追突事故の修理代や保険代を考えれば高くはないと、開発陣も胸を張ってます。

コ:20万円のカーナビじゃ、命は救ってくれへんもんな。燃費の次は、予防安全か。レガシィも、まだまだやることあんねんな。
せ:来年の5月には、またなんかあるかも……

コ:「スバル・カルディナ」とかいう兄弟車が出たりして!?
せ:……。
コ:それはないとしても、さらなる革新、さらなる熟成を期待したいね!

(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=webCG)

車外からも結構目立つステレオカメラ。大きさは、ちょうど握りコブシほど。
車外からも結構目立つステレオカメラ。大きさは、ちょうど握りコブシほど。 拡大
「アイサイト」システムを仰ぎ見たところ。物理的事情により、サンルーフを併用することはできない。残念!
「アイサイト」システムを仰ぎ見たところ。物理的事情により、サンルーフを併用することはできない。残念! 拡大
アイサイト装備車(B4)による実演。警告音を無視してノンブレーキを貫けば、障害物に当たってしまう。あくまで主体はドライバーだ。
アイサイト装備車(B4)による実演。警告音を無視してノンブレーキを貫けば、障害物に当たってしまう。あくまで主体はドライバーだ。 拡大
 
スバル・レガシィアウトバック2.5XT EyeSight(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com