日産、CVT搭載車に専用エンブレムで“エコ”をアピール

2008.06.02 自動車ニュース

日産、CVT搭載車に専用エンブレムで“エコ”をアピール

日産自動車は2008年6月2日、「エクストロニックCVT」を搭載した車両後部に、順次新たなエンブレムを貼付すると発表した。

「エクストロニックCVT」は、優れた動力伝達効率により従来のCVT(無段変速機)より「燃費がいい」と謳われるパワートレイン。

日産自動車は2050年に2000年比で新車のCO2排出量を約70%削減するという長期目標を掲げており、これを達成するためのロードマップに基づいた技術開発を進めている。
短中期ではエンジンの燃費向上技術を早く普及させることによりCO2排出量の削減効果を最大化。長期的には電動車両の普及を進めるために、電動化技術の開発をさらに強化していくという。
このような日産の取り組みを分かりやすくコンシュマーにアピールすることが当エンブレムの目的である。

まずは、当発表と同日にフルモデルチェンジを果たし、全グレードにエクストロニックCVTを搭載した新型アッパーミディアムセダン「ティアナ」に貼付される。

エクストロニックCVTは「ウイングロード」や「ノート」など他車にも搭載されている。今後エンブレムの普及が見込まれる。

(webCG 玉城)


日産、CVT搭載車に専用エンブレムで“エコ”をアピールの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 日産ラティオ G(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.7 試乗記 日産ラティオ G(FF/CVT)
    ……174万6150円

    8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「日産ラティオ」。世界150カ国以上で販売されるコンパクトセダンの仕上がりを、上級グレードで試した。
ホームへ戻る