第444回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」 知られざる自動車大国、インド!!(前編)

2012.01.18 エッセイ

第444回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」知られざる自動車大国、インド!!(前編)

「!」だらけのデリーショー

「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものよ。ウワサにゃ聞いてたけど、久々に大ショックを受けてしまいましたぜ。俺にとっても人生初インド、首都のニューデリーで開催されたモーターショー「AUTO EXPO(オートエキスポ)2012」!!

今回で11回目だとかで、1986年からやってるって事実にも驚いたけど、なにより内容よね。展示方法からして他国とは全然違うのよ。会場になったPragati Maidanはニューデリーの中心部にあって展示面積約11万5000平方メートル。広さそのものは東京ビッグサイトの半分ほどだが、建物はだいたいメーカーごとに分かれていて、自動車メーカーだけで18棟、パーツメーカーは7棟もある。2〜3社でひとつにまとまってるところも中にはあるが……住宅展示場じゃあるまいし、見て回るのがやたらめんどくさい。数字を確認したわけじゃないけれど、会場の敷地面積は、昨年東京モーターショーの会場になった「東京ビッグサイト」よりはるかに広いんじゃないかしら!?

それから、インドで展開されてるブランドがこれほど多いとは思わなかった。海外の最大勢力たる日本メーカーは、スズキの合弁会社マルチスズキを筆頭に、トヨタ、ホンダ、日産、三菱の5社。なんか寂しいな? と思ったら、マツダもスバルもダイハツもまだ来てない。日産にしたってクルマを売り始めたのは2007年からで、現地生産のスタートが1年半前。さらにデリーショーへの出展自体は今回がお初だそうだから、俺と同じじゃんか(笑)。
日産の常務執行役員、中村史郎さんも「インドは初めてじゃないけど、デリーショーを見るのは僕も初めて。これからがんばりますよ」とのことだ。

そのほか、ドイツ勢がメルセデス・ベンツにBMW、フォルクスワーゲン、アウディの4社。北米がGM、フォードの2社で、フランスはルノーとプジョー&シトロエン、イタリアはフィアット。韓国はヒュンダイのみで、あとは事実上のドイツ系のチェコメーカー シュコダと、地元ビッグディーラーが入れてるフェラーリなど、一部セレクトされた高級ブランドのみ。国際化が進みつつあるとはいえ、まだまだこれからなのだ。

「AUTO EXPO(オートエキスポ)2012」、通称デリーショーの会場入り口にて。
第444回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」 驚異のビックリ自動車大国、インド!!(前編)
AUTO EXPOの展示会場は、戸建のパビリオンの集合体。まるで万国博覧会のたたずまいである。
第444回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」 驚異のビックリ自動車大国、インド!!(前編)
現地の乗用車シェアNo.1を誇る、スズキの合弁会社マルチスズキ。中西眞三社長自ら、コンセプトカー「XAα」を披露した。
第444回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」 驚異のビックリ自動車大国、インド!!(前編)
ドイツ勢の姿も。写真は、BMWのコンセプトモデル。
第444回:遂に初潜入「オートエキスポ2012」 驚異のビックリ自動車大国、インド!!(前編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』