第43回:「イタリア式自動車教習所」なら、もう一度通える……かも?

2008.05.31 エッセイ

第43回:「イタリア式自動車教習所」なら、もう一度通える……かも?

コースがない!

イタリアに住んで驚いたことのひとつに、「自動車教習所」がある。まず門構えからして違う。古い館の中にあることが多いのだ。
自動車雑誌『NAVI』2008年6月号で「フィアット・チンクエチェント(500)を導入した教習所」として取材したバルツァナ自動車教習所も、その一例である。

ユネスコ世界遺産にも指定されているシエナの歴史的旧市街。煉瓦造りのパラッツォ(館)の一角にあって、アーチ状の玄関をくぐってはいる。
なぜそんなところで教習所が営業できるかというと、『NAVI』誌にも記したとおり「教習コースが要らないから」である。イタリアでは原則としていきなり路上教習から始まるのだ。

ちなみにイタリアも、免許取得可能な年齢は18歳から。

取得費用も日本同様技量によるが、教習料・受験料・印紙代・所定の健康診断を含めて、およそ700ユーロ(約11万円)である。10年前に他の教習所を取材した時のノートをめくってみると、約6万円だったから結構値上がりしている。

日本の仮免許に相当するのは「フォリオ・ローザ(ピンク色の紙)」というものだ。教習期間中に“自主トレ”できる許可証で、一定の運転経験をもつ人が同乗していれば公道走行できる。
2007年夏、この仮免許を所持していれば、16歳から運転できるようにしようという法案が審議されたが、実現に至っていない。

いっぽう実技試験は、所轄官庁の試験官がわざわざ教習所まで出張してきて行なわれる仕組みだ。

バルツァナ教習所のチンクエチェント教習車。
バルツァナ教習所のチンクエチェント教習車。
近日中に教習車4台すべてを「500」にするという。
近日中に教習車4台すべてを「500」にするという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。