8人乗れる! 「ホンダ・フリード」デビュー

2008.05.29 自動車ニュース
「ホンダ・フリード」
モビリオ改め「ホンダ・フリード」、デビュー(仮題)

8人乗れる! 「ホンダ・フリード」デビュー

本田技研工業は、新型のコンパクトミニバン「フリード」を2008年5月29日に発表。翌5月30日から販売を開始する。

7人乗り仕様車のインテリア(カットモデル)。モビリオと同じ定員ながら2列目をキャプテンシート化、3列目までウォークスルーが可能になった。
モビリオ改め「ホンダ・フリード」、デビュー(仮題)

■選べる5、7、8人乗り

ホンダが新規投入する「フリード」はズバリ、2001年12月にデビューしたコンパクトミニバン「モビリオ」の後継となるクルマ。6年半ぶりのモデルチェンジともいえる。

全長4mほどのコンパクトボディに両側スライドドア、1.5リッターの経済的エンジン、広い室内……などなど、モビリオの文法を守りつつ、見た目一新。名前も変わった。

最多乗員数は、1人増えて8人になった――のもトピックだが、5人、7人、8人乗り用と、予め座席数を分けたのが「モビリオ」との大きな違いだ。多用なシートアレンジ機能を盛り込む開発手法を捨て、各々の生活にあったインテリアタイプをユーザー側に選んでもらうことにした。
要は割り切り。翻って、より幅広いユーザーの囲い込みを狙う。

価格は、163万8000円(FF/5人乗り)から225万7500円(FF/7人乗り)まで。月間の目標販売台数は、4000台となっている。

三角(運転席)と四角(居住スペース)を組み合わせたというフォルム。両側スライドドアはモビリオから受け継いだ。
モビリオ改め「ホンダ・フリード」、デビュー(仮題)

■ストリームより広い!?

ヨーロッパの路面電車をモチーフにしたユニークな先代モデル「モビリオ」の面影はどこへやら? の、2代目=フリード。エクステリアは、直線基調のものから丸みを帯びたデザインに。比較的オーソドックスなミニバンスタイルでまとめられた。

「見た目手ごろな4畳半、中に入れば8畳間!」なパッケージングを実現すべく、小さな「フィット」のエンジンルームをそっくり持ってきて、全体をコンパクト化。広めの居住スペースと組み合わせた。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4215×1695×1715mm。モビリオ(Aタイプ)と比べると、145mm長く、10mm幅広く、25mm低い。ホイールベースは2740mmで変わらないが、肝心の室内長は2435mmから2625mmへと190mmも延長。兄貴分「ストリーム」のそれ(2605mm)すら上まわった。

インテリアの開発テーマは「オープンカフェ」。広々感と視界のよさがアピールポイントだ。
インテリアの開発テーマは「オープンカフェ」。広々感と視界のよさがアピールポイントだ。
旧「モビリオ・スパイク」に相当する5人乗り仕様、「FLEX」の荷室。
旧「モビリオ・スパイク」に相当する5人乗り仕様、「FLEX」の荷室。

■目指したのは「使えるミニバン」

「新技術はさほど多くない……」と開発陣も謙遜するフリードは、広くなった室内およびパッケージングを最大の武器とする。

3列目を3人がけとすることで、「2+3+2」の7人乗りから、「2+3+3」の8人乗りへと定員をアップ。後ろに行くほど視点が高くなるようシート相互のヒップポイントを変えるなど、(特に3列目の)居住性には気が配られた。

そのうえで、3列目を取り去った5人乗り仕様と、「2+2+3」の7人乗り仕様もラインナップした。前者は荷物の積載性、後者はウォークスルーの利便性がポイントだ。百花繚乱のニッポンミニバン市場において、あえてシートをアレンジすることなく“使える”クルマを目指したという。

基本のユーティリティにも抜かりはなく、50:50分割の3列目はワンタッチで跳ね上げ可能。2列目までフラットにした最大の荷室容量は、7人乗りが900リッター、8人乗りは1157リッター、5人乗りでは1257リッターに達する。
間口の広さ(縦1120×横1160mm)と敷居の低さ(地上から480mm)もアピールポイント。乗降性についても同様で、390mmと低めのスライドドアステップ、ヒンジを前傾させ上部が大きく開くようにしたフロントドアもウリである。

排気系のレイアウトにより、出力はドナーのフィットより2psと0.1kgmだけ劣る。が、モビリオに比べれば大幅なパワーアップとなった。
排気系のレイアウトにより、出力はドナーのフィットより2psと0.1kgmだけ劣る。が、モビリオに比べれば大幅なパワーアップとなった。
いまやホンダ車おなじみのスカイルーフは1125×770mm。電動サンシェードの格納スペースが3列目頭上となる関係で、5人乗り仕様車のみのオプションとなった。
いまやホンダ車おなじみのスカイルーフは1125×770mm。電動サンシェードの格納スペースが3列目頭上となる関係で、5人乗り仕様車のみのオプションとなった。
 
8人乗れる! 「ホンダ・フリード」デビューの画像

■フィットの心臓が肝

自慢の居住空間をひっぱるパワーユニットは、1.5リッター1種類のみ。取りまわしを優先してボディを小さくすべく、鼻先にはコンパクトカー「フィットRS」の心臓がエンジンルームごとそっくり移植された。
結果、出力は(モビリオ時代の)90ps/5500rpm、13.4kgm/2700rpmから118ps/6600rpm、14.7kgm/4800rpmへと大幅アップ。「しっかり乗せて積むたびパワー不足を痛感する」という不満の声にも対応した。

トランスミッションは、FFはCVT、4WDは5段ATがそれぞれ組み合わされる。フィットRSに備わるパドルシフトは、フリードの(あまりスポーティではない?)キャラクターを考え、採用されない。
足まわりは、フロントがマクファーソンストラット式でリアはトーションビーム式。モビリオと同様のメカニズムながら、各ディメンションを見直し、ワンランク上の乗り心地を目指したという。

(webCG 関)

関連記事
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ、小型ミニバンの新型「フリード/フリード+」を発売 2016.9.16 自動車ニュース ホンダがコンパクトミニバンの新型「フリード」および「フリード+」を発売した。従来モデルよりゆとりを増した車内空間や、より高効率なハイブリッドシステムの採用が特徴で、コンパクトミニバン初のハイブリッド4WD車の設定もトピックとなっている。
  • 新型「ホンダ・フリード/フリード+」発表会の会場から 2016.9.16 画像・写真 初代のコンセプト「ちょうどいい」をさらに推し進めた「ホンダ・フリード/フリード+(プラス)」がいよいよデビュー。2016年9月16日にHondaウエルカムプラザ青山で行われた発表会の様子を、写真とともにリポート。テレビCMに出演する、あの二人も登場。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編)NEW 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場から 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
ホームへ戻る