【スペック】全長×全幅×全高=4470×1770×1340mm/ホイールベース=2700mm/車重=1350kg/駆動方式=FR/水冷式直列654cc×2ローター(235ps/8200rpm、22.0kgm/5500rpm)/価格=294万円(テスト車=327万750円)

マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】

グッドバイから始めよう 2012.01.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
……327万750円

「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。

あと5カ月で終止符

久しぶりに「RX-8」で箱根を飛ばした。最後に乗ったのはいつだろうか。筆者はかつて、仕事で「エイト」に2年半ほど乗ったことがあるのだが、その時の取材ノートをひっくり返してみたら2006年1月と記されていたから、もう6年が経過したことになる。ずいぶんとご無沙汰していたものである。

冬がそこまで来ている秋の箱根は、行楽客もまばら(取材は2011年10月に行った)。そこでスロットルペダルを深々と踏み込んでみれば、「RENESIS」と呼ばれる13B-MSP型2ローターユニットは、独特の乾いたエンジン音をとどろかせ、8500rpmまで軽々と直線的に吹け上がった。そして、回転リミットを知らせる電子音が「ピーッ」と鳴った。

もうすぐロータリーエンジンの歴史にもこの電子音が鳴るのか――。そう思うと、急に切なくなってしまった。

エイトの生産は2012年の6月に終了する。つまり、あと5カ月でロータリーエンジンの系譜にいったん、終止符が打たれる。マツダは「今後も研究と開発は継続していく」と言っているが、彼らが今、スカイアクティブに傾注していることを考えると、ロータリーエンジンが引き続きメインストリームにいられるとは思えない。ちょっと前にRENESISは次世代のロータリーエンジンとうたわれ、時代の追い風を受けたというのに……。サイドポートの排気の声、諸行無常の響きあり、である。


マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】の画像
「タイプS」は6MTを搭載した。特別仕様車「SPIRIT R」が登場した2011年11月にカタログから消えた。
「タイプS」は6MTを搭載した。特別仕様車「SPIRIT R」が登場した2011年11月にカタログから消えた。

マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダRX-8【試乗記(前編)】 2003.4.10 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    “ワールドワイドに待望の(!?)”ロータリースポーツが帰ってきた。「マツダRX-8」。フル4シーターにして、210/250ps。しかも、240.0万円からという魅力的な価格が設定されて……。『webCG』記者が、ツインリンクもてぎで乗った。


  • マツダRX-8【試乗記(中編)】 2003.4.12 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8【試乗記(後編)】 2003.4.13 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る