【スペック】全長×全幅×全高=4870×1795×1470mm/ホイールベース=2850mm/車重=1650kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(315ps/6400rpm、38.4kgm/4800rpm)価格=487万円

トヨタ・クラウン3.5アスリートのライバル車はコレ【ライバル車はコレ】

 高級サルーン対決 2008.05.29 試乗記 トヨタ・クラウン3.5アスリートのライバル車はコレ

13代目となった「トヨタ・クラウン」の最もスポーティなモデル「3.5アスリート」。セグメント違いのクルマも含めライバル車を検証する。

トヨタ・クラウン3.5アスリートのライバル車はコレ【ライバル車はコレ】

トヨタ・クラウン3.5アスリート

■世界一級のスポーツサルーン

「いつかはクラウン」――余りにも有名になったキャッチコピーを思い出し、「このブランドはやっぱりオジサン御用達だ……」とそんな紋切り型の印象を抱いていると、新型の仕上がりぶりには驚かされる。何しろそのダイナミック性能の高さたるや、名だたる欧州勢にひと泡吹かせることなど訳ない。中でも、シリーズ最高の走行性能を売り物とする「3.5アスリート」の出来栄えは、まさしく“世界一級のスポーツサルーン”と表現をするにたる高さだ。

恐らくゼロヨン(0→400m)タイムは15秒台だろう、と想像のできる力強い加速を、まさに“日本市場最適チューン”が実感できる巧みなプログラミングによる6段ATの助けもあり、飛び切りの滑らかさと共に享受できる。路面とのコンタクト感をタップリと伝えつつも、無用なキックバックは完全に遮断する電動式アシストを介したステアリングフィールは、もはや油圧式パワステ採用車を上まわる上質さだ。

パッケージングは従来型をベースとするので室内空間などに大きな変更はない。が、それでもドアミラー前方に“抜き”を設けて右左折時の視界を改善させるなど、ここでも日本市場を最優先にしたリファインが実践されている。ボディはパーソナルカーとして抵抗なく扱える最大級といえるサイズだが、そうした中にも、5.2mという最小回転半径が生み出す取りまわしのよさが大いに嬉しい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る