「マーチコレット」発売イベントに、3代目マチ子さん、インパルス、藤崎マーケット登場

2008.05.28 自動車ニュース

「マーチコレット」発売イベントに、3代目マチ子さん、インパルス、藤崎マーケット登場

日産自動車は、2008年5月27日、「マーチコレット」の発売記念イベントを開催した。

今回のイベントは、「マーチコレット」の発売を記念して、マーチコレットのテレビCMに出演する水玉模様の「みずたマーチ」と3代目マチ子さんが登場。“しあわせをシフトする”という「マーチ」のテーマにあわせ、女性にとって最大のハッピーイベントとなるウエディングをプロデュースし、6月のジューンブライドに先駆けて、ウエディングショーが行なわれた。

ウエディングショーは、新郎役として、インパルスの板倉俊之さんと堤下敦さん、藤崎マーケットの田崎祐一さんと藤原時さんの4人がタキシード姿で登場。次に、3代目“しあわせマチ子さん”に選ばれたモデルの沖樹莉亜さんが水玉模様のウエディングドレスで登場した。

沖さんご自身でデザインしたというウエディングドレスは、白地に水色の水玉模様で、ドットの位置もちゃんと考えられているとか。インパルスと藤崎マーケットの4人にも「キュートでかわいい」と好評。かわって、4人のタキシード姿の感想を聞かれた沖さんは、「いつもテレビで見ている時と全然違って、とてもステキです」と苦笑いしながらコメントした。

「みずたマーチ」は、テレビCMなのでお馴染み“出会うとしあわせになれる”といわれるレアマーチこと「しましマーチ」「花咲かマーチ」に続くシリーズ第3弾。「チャイナブルー」「サクラ」「フランボワーズレッド」「ルミナスレッド」の4色、全90台が用意され、CM同様、全国各地にハッピーを届ける旅をスタートさせる。
ちなみに、みずたマーチは非売品です。念のため。

(webCG ワタナベ)

「みずたマーチ」
「みずたマーチ」
「みずたマーチ」の感想を聞かれた沖さんは「水玉模様がとっても好きなので、今までの中で一番かわいい」。「可愛くてキスしたいですね」とインパルスの岩倉俊之さん。藤崎マーケットは、「女の子に乗ってほしいですね」とコメントした。
「みずたマーチ」の感想を聞かれた沖さんは「水玉模様がとっても好きなので、今までの中で一番かわいい」。「可愛くてキスしたいですね」とインパルスの岩倉俊之さん。藤崎マーケットは、「女の子に乗ってほしいですね」とコメントした。
結婚式といえばウエディングケーキ。ということで、みずたマーチ特製ウエディングケーキが登場し、みんなでケーキカット!
結婚式といえばウエディングケーキ。ということで、みずたマーチ特製ウエディングケーキが登場し、みんなでケーキカット!
みずたマーチは全4色。左上から「チャイナブルー」「ルミナスレッド」「サクラ」「フランボワーズレッド」。
みずたマーチは全4色。左上から「チャイナブルー」「ルミナスレッド」「サクラ」「フランボワーズレッド」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る