アウディ、「TTクーペ」 に新エントリーモデル

2012.01.17 自動車ニュース

アウディ、「TTクーペ」 にエントリーモデル「1.8 TFSI」を追加

アウディジャパンは2012年1月17日、プレミアムコンパクトスポーツカー「TT」に、新たなエントリーモデルとなる「1.8 TFSI」を追加設定し、販売を開始した。

「1.8 TFSI」は、従来の「2.0 TFSI」に代えて導入されたエントリーモデルで、排気量が200cc小さい1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載する。トランスミッションは、これまでの6段Sトロニックから7段Sトロニックに変更。駆動方式はこれまでと同じFFだ。

1.8 TFSIのエンジンスペックは、最高出力160ps、最大トルク25.5kgmと2.0 TSFI(211ps、35.7kgm)を下回るものの、10・15モード燃費は13.2km/リッターから14.6km/リッターへと向上し、CO2排出量は20g/km少ない159g/kmを実現するなど、環境性能がアップしている。

装備は、内外装とも基本的に従来のエントリーモデルと同等で、5スポークVデザインのアルミホイール、245/45R17サイズのタイヤ、スポーツシート、夜間に室内を明るく照らし、間接照明の機能も果たす「LEDインテリアライトパッケージ(リーディング/フロア/ドアハンドル/メイクアップミラー)」、「LEDライセンスプレートライト」などが標準で装備される。

価格は、従来の2.0 TFSIより47万円安い414万円。

(webCG 曽宮)

「アウディTTクーペ」
「アウディTTクーペ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • パリモーターショー2016の会場から(その10) 2016.10.4 画像・写真 パリモーターショー2016で、アウディは最高出力400psを誇る「RS 3セダン」をワールドプレミアした。そのほか、「S5/S5スポーツバック」「TTRS」「S1」などのスポーツモデルを一挙に展示した。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る