【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1520mm/ホイールベース=2400mm/車重=740kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(52ps/6000rpm、6.4kgm/4000rpm)/価格=99万5000円(テスト車=同じ)

スズキ・アルト エコS(FF/CVT)【試乗記】

ハロー、低燃費時代 2012.01.19 試乗記 スズキ・アルト エコS(FF/CVT)
……99万5000円

スズキの軽乗用車「アルト」シリーズに、史上最高の燃費性能を掲げる「アルト エコ」が登場。クルマとしての仕上がりをテストした。

33パーセントもの燃費向上

年末年始の自動車CMは、各社が低燃費アピールを競い合っていた。トヨタは「プリウス」でイラストを使ってみんなのHVイメージを盛り上げ、「アクア」ではブロンディの名曲に乗せてポップさを強調していた。「ダイハツ・ミラ イース」はブルース・ウィリスに「ウレテルノ?」「オレノオカゲ?」と言わせて実績を誇示した。

対して「スズキ・アルト エコ」は香里奈が「ハロー、30.2」と呼びかける強硬路線を選択した。わずかリッター0.2kmのアドバンテージでも、確かに現時点でガソリン車低燃費ナンバーワンを名乗れるのはアルト エコだけなのだ。

ダイハツが「低燃費・低価格」を売りにしたリッター30.0km(JC08モード値)のミラ イースを発表したのは、2011年9月20日のことだ。アルト エコが発売されたのは、約2カ月後の11月25日である。後発だから数字で上回ることが絶対の課題になるわけだが、こんな短期間に0.2の値を搾り出すことなどできるはずがない。スズキは、2年前から準備を進めていたのである。軽自動車の開発競争は、かくも熾烈(しれつ)なのだ。ビッグスリーが焦って「軽自動車は非関税障壁だ」と言いたくなるわけである。

ベースとなるアルトがリッター22.6kmだから、33パーセントもの燃費向上である。2年前ならこの数字でも低燃費を名乗れたのだから、思えば牧歌的な時代だった。劇的な改善の要因は、ミラ イースや「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」と同様に、既存技術のさらなる磨き上げだ。エンジン、トランスミッションの低フリクション化、車体の軽量化などを徹底的に追求したのだ。なぜ今までできなかったのかという疑問が浮かんでしまうが、開発の優先順位が変更され、燃費低減に最大限のパワーが集中された結果なのだろう。

「アルト エコ」のエクステリアは、「アルト」とほとんど見分けがつかない。インテリアも同様で、違いといえば、アイドリングストップ機能のON/OFFボタンが備わるくらいのもの。
「アルト エコ」のエクステリアは、「アルト」とほとんど見分けがつかない。インテリアも同様で、違いといえば、アイドリングストップ機能のON/OFFボタンが備わるくらいのもの。
ボディーカラーは、写真の「リーフホワイト」のほか、黒、青、茶、ベージュ、銀を含めた全6色が選択できる。
ボディーカラーは、写真の「リーフホワイト」のほか、黒、青、茶、ベージュ、銀を含めた全6色が選択できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編) 2017.2.23 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」。ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに何を見いだすのか!
ホームへ戻る