【スペック】全長×全幅×全高=4799×1855×1417mm/ホイールベース=2711mm/車重=1632kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(300ps/6600rpm、35.7kgm/2400-5300rpm)(欧州仕様車)

フォルクスワーゲン・パサートCC(4WD/6AT)【海外試乗記】

行き場を失ったVWユーザーへ 2008.05.26 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートCC V6 4MOTION(4WD/6AT)

質実剛健と評されることが多いフォルクスワーゲンから、異色のモデルが登場した。その名は「パサートCC」。第一印象をドイツから報告する。

紛らわしいけどクーペです

車名の「CC」が表しているのは“クーペ・コンバーチブル”ではなく、“コンフォート・クーペ”の意味だという。クーペでありながら4ドア。そう聞くと脳裏には「メルセデス・ベンツCLS」の姿が浮かんでくるが、内容からすると日本のユーザーの受け取り方は、それとはちょっと違ったものになりそうな気がする。

「パサート・セダン」に対して全長を31mm、全幅を36mm拡大する一方、全高を50mm下げたボディは、長めのオーバーハング、大きく寝かされたウィンドウ、そして低いルーフによって、セダンとは比較にならないくらいエレガントな印象を醸している。その一方でフロントマスクなどは割とおとなしめで、全体の雰囲気は、むしろ上品という印象だ。

インテリアのしつらえも悪くない。運転席まわりのデザインはセダンから引き継がれているが、計器周辺や空調パネルなどは専用デザインとされ、またお馴染みブルーとレッドの透過照明も白に統一されている。

一番の不安材料は、このスタイリングで、どれだけの室内空間を確保できているかということだが、ルーフが低く、しかも試乗車にはパノラマベントサンルーフと呼ばれるガラスルーフが装備されていたにもかかわらず、意外なことに頭上を含め、窮屈さはどこにも感じることがなかった。それは2名用とされた後席についても同様。足元も頭上も空間には不満はなし。左右方向にはやや狭いとはいえ、この外観から想像するより、はるかに居住性は良い。気になったのはむしろ視界で、Aピラーの太さもあって特に助手席側の車両感覚が掴みにくく、駐車アシスト機能がないと東京では苦しいかもしれないと感じた。

パサートセダンと比べると、全長は31mm長く、全幅は36mmワイド。いっぽう全高は50mm低い。
パサートセダンと比べると、全長は31mm長く、全幅は36mmワイド。いっぽう全高は50mm低い。
インパネまわりはセダンと共通。計器板や空調パネルはCC専用のデザインが与えられた。
インパネまわりはセダンと共通。計器板や空調パネルはCC専用のデザインが与えられた。
リアシートは左右独立式の2人掛けタイプ。センターにアームレストや物入れが備わる。
リアシートは左右独立式の2人掛けタイプ。センターにアームレストや物入れが備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートCCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る