第42回:大将、しっかりしてくださいヨ!「チンクエチェント旅館」の支配人は熱かった

2008.05.24 エッセイ

第42回:大将、しっかりしてくださいヨ!「チンクエチェント旅館」の支配人は熱かった

私のコレクションをお見せしましょう

自動車雑誌『NAVI』2008年6月号のフィアット・チンクエチェント(500)特集で、ボクは元祖500レンタルサービス付きのホテルをレポートしている。「500エクスペリエンス」と名づけられた2泊3日の宿泊プランで、料金もペアで「500」ユーロと洒落を効かせてある。

場所はトリノから約50kmの町にある「アルテル・ホテル・レジデンス」だ。19世紀末にジャム工場として建てられ、その後繊維工場としても使われた建物を、支配人で建築家でもあるマルコ・ルチアーノ氏が改装。2年前に22室の4ツ星ホテルとしてオープンしたものである。

館内にはクールなデザイン家具が各所にアクセントとして多数置かれている。気に入った家具があれば、ルチアーノ氏が購入できる店をアドバイスしてくれるそうだ。

ところが、キール・ロワイアルのアペリティーヴォを飲むか飲まないかのうちに、オーナー兼支配人のマルコ・ルチアーノ氏は、「私のコレクションをお見せしましょう」とボクを地下に案内する。

なにかと思えば、そこは戦前型フィアット6台のガレージだった。
1930年代のフィアット工場に使われていたのと同じ素材という、木製の床が広がる。
ショーケースには、“FIAT”と書かれた髭剃りの刃があった。フィアットがありとあらゆるものを作っていた時代のものだ。さらには、フィアット工場内の自警消防団のヘルメットなどという珍品もあった。
「BGMは、これがいいでしょうね」と言って、ルチアーノ氏がかけてくれたのは、クルマの名前が歌詞に織り込まれている戦前のカンツォーネ特集だった。
クールな宿の中に、熱いエンスージアスト支配人あり、だったのである。

アルテルホテルのスタッフと「フィアット500ジャルディニエラ」。
第42回:大将、しっかりしてくださいヨ!「500旅館」の支配人は熱かった
全長4.5mのカウンターがカンチレバー(片持ち式)なのに注目。
第42回:大将、しっかりしてくださいヨ!「500旅館」の支配人は熱かった
1933年「バリッラ・スパイダー」をはじめとするフィアット・コレクション。
第42回:大将、しっかりしてくださいヨ!「500旅館」の支配人は熱かった

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。