第70回:あえて危険な状況を体験する!? 「BMWドライバー・トレーニング」に参加した

2008.05.23 エッセイ

第70回:あえて危険な状況を体験する!? 「BMWドライバー・トレーニング」に参加した

堂々と言いたいところですが……

「運転なら自信があるっ!」

クルマ好きなら堂々と言いたい一言である。ただ、実際のところ、ドライバー自身も気づかぬ長年の悪癖などがあるはずだ。常に正しい運転ができている人なんていないだろう。2008年5月17日から「BMWドライバー・トレーニング」が始まった。それにさきがけ、報道陣向けにも同様のプログラムが開催されたので参加した。レベルに応じていくつかのコースが選べる。今回は「コンパクトコース」。ただし取材用に若干短縮されたものである。

正しいドラポジから

トレーニングは運転の基本中の基本、ドライビング・ポジションから始まる。講師はモータージャーナリストの菰田潔氏だ。

「シートポジションは気持ち高めに設定しましょう。目線が高ければ前方死角を減らせます」
担当、低めを好む……。

「ステアリングは“9時15分”で持つことを勧めます。“10時10分”よりも1回の動作で切れる量がより多いのです」
思い出してみると10時10分……。

「ステアリングは、引くよりも押すように回すほうがいいですね。その方が手のひらでより多く路面インフォメーションを得られます」
引くように回している自分……。

というように、適したドラポジのためのポイントをなぜそうすべきなのか教えてくれる。基本的なことではあるものの、自分の運転を思い出すとできていない部分もある。恥ずかしい。座学から、焦る。

第70回:あえて危険な状況を体験する!? 「BMWドライバー・トレーニング」に参加したの画像
教習所で習ったときの内容を覚えていますか? プロジェクターを用いてベストなドライビング・ポジションの取り方を教わる。
教習所で習ったときの内容を覚えていますか? プロジェクターを用いてベストなドライビング・ポジションの取り方を教わる。
ステアリングを握る位置についても、なぜそうなのか理論的に教えてくれる。
ステアリングを握る位置についても、なぜそうなのか理論的に教えてくれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ