【スペック】Cielo:全長×全幅×全高=4315×1820×1515mm/ホイールベース=2610mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=345.0万円(テスト車=370.0万円/HDDナビゲーション=25.0万円)

プジョー308Premium(FF/4AT)/Cielo(FF/4AT)【試乗速報】

そつのなさとつまらなさ 2008.05.23 試乗記 プジョー308Premium(FF/4AT)/Cielo(FF/4AT)
……299.0万円/370.0万円
7年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたフレンチハッチ「プジョー308」。ボディサイズが拡大され、顔つきもよりダイナミックな印象となった新型の走りを試す。

ハッチバックのカタチをしたミディアムセダン

「猫科の動物」を意味するプジョーのニューエイジ・デザイン・アイデンティティ“Feline”。たしかにその眼光は鋭く、「308」には猫というより化け猫に近いほどの目力(めぢから)がある。しかしながらそのマルチパーパスビークル的な体躯を眺めていると(307に対して全長で+80mm、全幅は+60mm拡大。全高は-15mmとローワイドなフォルムになったという)、猫科の動物=豹? ライオン? というよりは、町内のボス猫のような気がしたのは僕が往年のプジョーファンだからなのだろうか。

要するに、クルマに道具以上の愛着を見いだす人間にとっては、プジョーはいつまでも小粋なハッチなのである。身のこなしがよく、小さいながらもよく考えられたトランク割りや座席レイアウトで、実サイズ以上の大きな楽しさを与えてくれたこれまでのプジョー。けれどもこの308は、一見ハッチバックの形をしたミディアムセダンだ。トヨタでいうならばそれは「オーリス」、いや少し大人びている分だけ「ブレイド」的といえるだろうか。
そんな第一印象をどれほど覆してくれるのかが、このクルマの注目ポイントだろう。


プジョー308Premium(FF/4AT)/Cielo(FF/4AT)【試乗速報】の画像
「シエロ」にはパノラミック・ガラスルーフ、スポーツタイプ・リアバンパー、17インチホイールが標準で備わる。
「シエロ」にはパノラミック・ガラスルーフ、スポーツタイプ・リアバンパー、17インチホイールが標準で備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る