【スペック】Cielo:全長×全幅×全高=4315×1820×1515mm/ホイールベース=2610mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=345.0万円(テスト車=370.0万円/HDDナビゲーション=25.0万円)

プジョー308Premium(FF/4AT)/Cielo(FF/4AT)【試乗速報】

そつのなさとつまらなさ 2008.05.23 試乗記 プジョー308Premium(FF/4AT)/Cielo(FF/4AT)
……299.0万円/370.0万円
7年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたフレンチハッチ「プジョー308」。ボディサイズが拡大され、顔つきもよりダイナミックな印象となった新型の走りを試す。

ハッチバックのカタチをしたミディアムセダン

「猫科の動物」を意味するプジョーのニューエイジ・デザイン・アイデンティティ“Feline”。たしかにその眼光は鋭く、「308」には猫というより化け猫に近いほどの目力(めぢから)がある。しかしながらそのマルチパーパスビークル的な体躯を眺めていると(307に対して全長で+80mm、全幅は+60mm拡大。全高は-15mmとローワイドなフォルムになったという)、猫科の動物=豹? ライオン? というよりは、町内のボス猫のような気がしたのは僕が往年のプジョーファンだからなのだろうか。

要するに、クルマに道具以上の愛着を見いだす人間にとっては、プジョーはいつまでも小粋なハッチなのである。身のこなしがよく、小さいながらもよく考えられたトランク割りや座席レイアウトで、実サイズ以上の大きな楽しさを与えてくれたこれまでのプジョー。けれどもこの308は、一見ハッチバックの形をしたミディアムセダンだ。トヨタでいうならばそれは「オーリス」、いや少し大人びている分だけ「ブレイド」的といえるだろうか。
そんな第一印象をどれほど覆してくれるのかが、このクルマの注目ポイントだろう。


プジョー308Premium(FF/4AT)/Cielo(FF/4AT)【試乗速報】の画像
「シエロ」にはパノラミック・ガラスルーフ、スポーツタイプ・リアバンパー、17インチホイールが標準で備わる。
「シエロ」にはパノラミック・ガラスルーフ、スポーツタイプ・リアバンパー、17インチホイールが標準で備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る