クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ヴェルファイア(7人乗り):全長×全幅×全高=4865×1840×1900mm/ホイールベース=2950mm/車重=2020kg/駆動方式=FF/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=416万円(テスト車=533万750円)

トヨタ・アルファード240S(FF/CVT)/ヴェルファイア3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)【試乗速報】

まる子も、サザエも、しんちゃんも 2008.05.22 試乗記 トヨタ・アルファード240S(FF/CVT)/ヴェルファイア3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)
……425万2350円/533万750円

2008年5月、トヨタの高級ミニバン「アルファード」が2代目になった。
威風堂々路線まっしぐらの“走る御殿”を、ニッポンの家族はどう乗りこなす? 新たな兄弟車とともにリポートする。

この子どこの子、トヨタの子?

新型アルファード最大のトピックは、「ヴェルファイア」という兄弟車が誕生したことだろう。が、この2台は顔つきが違うだけで中身は一緒。ここでは同一車種として扱います。

双子の弟であるヴェルファイア、その車名の由来は、ディスコ「ヴェルファーレ」で遊んだ世代をターゲットに……というのは真っ赤なウソで、「VELVET(もの静かな)」+「FIRE(情熱)」からの造語だという。
フロントマスクは「アルファード」というより「日産エルグランド」の弟みたいだし、イメージカラーは「ホンダ・オデッセイAbsolute」の紫にそっくり。つまり、いままで取りこぼしていた“ちょい悪ミニバン”市場に食い込むためのやんちゃ系モデルだ。
そっくりと言えば、アルファード/ヴェルファイアのスピードメーターとタコメーターはブルガリの腕時計にそっくり。でも、このクルマはヨーロッパには輸出されないらしいから大丈夫だ(何が?)。

なんて、イヂワルな書き出しになってしまったのは、「こりゃ売れそうだ」とピンときたから。ねたみですね。コーナーでのイヤなロール(横傾き)や燃費の悪さといった従来型のネガが大幅に解消され、洗練された3列シートのファミリーカーに仕上がった。
ちょっと張り切って飛ばしても、身のこなしはナチュラルになったし、乗り心地もしっとり。燃費はモデルチェンジ前に比べて2.4リッター直列4気筒モデルで約20%(!)、V型6気筒モデルは3リッターから3.5リッターに排気量が増えたのに約7%も改善しているというから大したものだ。


トヨタ・アルファード240S(FF/CVT)/ヴェルファイア3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)【試乗速報】の画像 拡大
【テスト車ヴェルファイアのオプション装備】
インテリジェントパーキングアシスト+ワイドビューフロント&サイドモニター=8万1900円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+レーンキーピングアシスト=32万8650円/HDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム+音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター+ETCユニット=69万4050円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システムオートアラーム=6万6150円
【テスト車ヴェルファイアのオプション装備】
インテリジェントパーキングアシスト+ワイドビューフロント&サイドモニター=8万1900円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+レーンキーピングアシスト=32万8650円/HDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム+音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター+ETCユニット=69万4050円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システムオートアラーム=6万6150円 拡大
注目の記事PR
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

「ちびまる子」ファミリーが乗ったなら……

ミニバンの評価で難しいのは(あるいは面白いのは)、座る席によって印象ががらっと変わることだ。
3列目シートに座る人にとってはハンドリングなんてどうでもいいし、逆にドライバーは3列目の乗り心地なんて気にしない。だからミニバンを評価するにあたってはドライバーの視点だけでなく、誰がどこに座るのかをイメージすることが重要かと存じます。

アルファード/ヴェルファイアには前席から「2+2+3」の7人乗り仕様と、「2+3+3」の8人乗り仕様が存在する。
ここではまず、『ちびまる子ちゃん』のさくら家が7名乗車仕様を買ったと想定してみたい。

余裕で足を組むことができ、しかもバックレストがほぼフルフラットの状態にまで倒れる2列目シートは、おじいちゃんとおばあちゃんに座ってほしい。ふくらはぎをサポートするオットマンとリクライニングがともに電動になるエグゼクティブパワーシートを奮発すれば、まさに極楽。ファーストクラスは言い過ぎにしても、ビジネスクラスのムードはむんむんに感じられる。

足下が狭いうえに、タイヤの真上で乗り心地も悪い3列目は、まる子とおねえちゃん。3列目はタイヤハウスからのノイズも入ってきて一番うるさい場所だ。けれどもタイヤのノイズより、まる子が歌う山本リンダのほうがうるさいはずだ。なにより、子どもは狭い場所が好きなのだ。

グレードによっては、2列目だけでなく助手席でもオットマン機能が使えるようになった。
グレードによっては、2列目だけでなく助手席でもオットマン機能が使えるようになった。 拡大
18個のスピーカーからなるサウンドシステム(オプション)をキャプテンシートで……至れり尽くせりの世界。
18個のスピーカーからなるサウンドシステム(オプション)をキャプテンシートで……至れり尽くせりの世界。 拡大
【スペック】アルファード240S(8人乗り):全長×全幅×全高=4865×1840×1900mm/ホイールベース=2950mm/車重=1930kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=330万円(テスト車=425万2350円/ツインムーンルーフ=11万250円/インテリジェントパーキングアシスト+ワイドビューフロント&サイドモニター=8万1900円/HDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム+音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター+ETCユニット=69万4050円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システムオートアラーム=6万6150円)
【スペック】アルファード240S(8人乗り):全長×全幅×全高=4865×1840×1900mm/ホイールベース=2950mm/車重=1930kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=330万円(テスト車=425万2350円/ツインムーンルーフ=11万250円/インテリジェントパーキングアシスト+ワイドビューフロント&サイドモニター=8万1900円/HDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム+音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター+ETCユニット=69万4050円/G-BOOK mX Pro専用DCM+盗難防止システムオートアラーム=6万6150円) 拡大

2.4リッターがベター

ここで問題となるのが、お母さんのポジショニングだ。3人座れる3列目で母娘3人水入らず、という構図もアリ。けれど、それだとだだっ広い車内でお父さんがポツネンと運転手になってしまう。たまにこういう乗員構成のミニバンを見かけるわけですが、同じオトーサンとしてちょっと寂しい。ぜひとも助手席にはお母さんが座って、ガムの包装紙をむいてオトーサンに渡してほしい。

お母さん、よく聞いてください! アルファード/ヴェルファイアはですね、運転席/助手席の乗り心地が一番いいんですよ。
それでもお母さんがどうしても3列目に座ると言うのなら……(以下、略)。
ガソリン価格高騰の折、ヒロシさん(まる子のお父さんの名前です)にはCVTと組み合わせれる2.4リッターの直列4気筒を薦めたい。パワーは充分で、6ATと組み合わされる3.5リッターV6より明らかにショボいと感じられるのは登り坂での追い越し加速ぐらい。
同じグレードで比べると、エンジン同士の価格差は約40万円。40万円あれば、どれだけオプションが付けられることか。やはり2.4リッターのほうが「賢い買い物」だ。

従来型よりホイールベースで+50mm、全長で+10mmと、さらに立派な体躯になった。サイドウィンドウの輪郭が個性を主張する。
従来型よりホイールベースで+50mm、全長で+10mmと、さらに立派な体躯になった。サイドウィンドウの輪郭が個性を主張する。 拡大
2種類選べるエンジンは、ともに「エスティマ」や「マークX ジオ」と共通のもの。
3.5リッターV6(写真)の「ずしん」とくる重厚な加速も捨てがたいが、リポーターは2.4リッター直4のバランスのよさを推したい。CVTも、指摘されなければ普通のATと間違えるくらいナチュラルだ。
2種類選べるエンジンは、ともに「エスティマ」や「マークX ジオ」と共通のもの。
3.5リッターV6(写真)の「ずしん」とくる重厚な加速も捨てがたいが、リポーターは2.4リッター直4のバランスのよさを推したい。CVTも、指摘されなければ普通のATと間違えるくらいナチュラルだ。 拡大

「親子の対話」か「夫婦の会話」か

アルファード/ヴェルファイアの8人乗り仕様には、磯野家のみなさんに乗ってほしい。運転席はサザエさんだと予想する。カツオは助手席に座りたがるだろう。3人座れる2列目には、波平とフネの間にタラちゃん、3列目がワカメとマスオさんというフォーメーションはどうでしょうか。
かように、二世帯家族の場合は、「おじいちゃんとおばあちゃんは2列目」で盤石のフォーメーションとなる。

問題は、4人家族の場合だ。

『クレヨンしんちゃん』の野原家を例にとれば、お父さんとお母さんが運転席/助手席に座ると、2列目がしんちゃんと妹のひまわりになる。でも子どもふたりは、悔しいことにわが家のテレビよりも鮮明な画面のVGAディスプレイに映るDVDに釘付けになるはずで、親子の対話はなくなる。けれど、その代わり夫婦の会話は増える(はず)。

「親子の対話」か「夫婦の会話」か――
4人家族がミニバンに乗る際のフォーメーションは難しい。

ただし、4名乗車だと、簡単操作でサードシートをたたんで、広大なラゲッジスペースをあっという間に作り出せる。その広さたるや運動スペース付きの巨大な犬小屋を設置できるほど。だから、野原家にアルファード/ヴェルファイアがやって来た場合に一番嬉しいのは、愛犬のシロかもしれない。

(文=サトータケシ/写真=峰昌宏)


トヨタ・アルファード240S(FF/CVT)/ヴェルファイア3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)【試乗速報】の画像 拡大
8人乗り仕様の2列目シート。チップアップするが反転はしない。3列目との“ご対面ポジション”は、過去のものとなった。
8人乗り仕様の2列目シート。チップアップするが反転はしない。3列目との“ご対面ポジション”は、過去のものとなった。 拡大
セカンドシートをチップアップ、サードシートをワンタッチで跳ね上げれば、1980mmのラゲッジスペースが出現する。操作が格段に簡単&楽ちんになったのもポイント。モデル(?)の身長は180cm。
(写真をクリックするとシートが倒れるさま(とモデル?)が見られます)
セカンドシートをチップアップ、サードシートをワンタッチで跳ね上げれば、1980mmのラゲッジスペースが出現する。操作が格段に簡単&楽ちんになったのもポイント。モデル(?)の身長は180cm。
(写真をクリックするとシートが倒れるさま(とモデル?)が見られます) 拡大

関連キーワード:
ヴェルファイアアルファードトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事