最先端の自動車技術に触れられる! マジメでマニアックなショー「人とくるまのテクノロジー展2008」開幕

2008.05.21 自動車ニュース

最先端の自動車技術に触れられる! マジメでマニアックなショー「人とくるまのテクノロジー展2008」開幕

2008年5月21日(水)、神奈川県のパシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2008」が幕を開けた。

■無料で見られる最新技術

最新の自動車技術を一堂に集め、展示する毎年恒例の「人とクルマのテクノロジー展」。きわめて真面目な自動車技術展であるが、ここ数年は毎回拡大傾向にあり、17回目を迎えた今年は過去最多となる392社が出展した。出展会社は自動車メーカーをはじめ、部品メーカー、材料メーカー、計測・解析機器メーカーなどで、海外からの参加も少なくない。

思い返せば、昨年「レクサスLS600h」が世界初採用した「LEDヘッドライト」や、先ごろヨーロッパでレガシィに積まれてデビューしたスバルの「水平対向ディーゼルエンジン」を筆者が初めて見たのは、このショーの会場だった。前者は3年前、後者は昨年のことだが、こうした最新技術に触れられるのが、このショーの最大の魅力である。

■やはり燃費は外せない

出展各社のブースでは、それぞれ自慢の最新技術を展示しているわけだが、そのほかに主催団体である「自動車技術会」による特別企画展示も行われている。
今回のプログラムは、昨今の燃料価格の高騰を反映してか「燃費をよくする最新技術」で、各社の最新エンジンなどが展示されていた。もうひとつは「最新 くるまの運転教室」で、ABS体験試乗デモンストレーションやESC同乗体験デモンストレーションなどが実施されている。

また、メイン会場に隣接したアネックスホールでは、各種のフォーラムが開催されている。目についたテーマを2、3挙げると、「感性価値時代のデザインと企業ブランド」「ディーゼル乗用車の期待と課題」「自動車材料の最前線」などなど。さらにスバル、ホンダ、ヤマハによるモータースポーツ関連技術のフォーラムも行われる。

この「人とクルマのテクノロジー展2008」は、5月23日(金)まで開催されている。開場時間は10時から17時まで、会場で参加登録をすれば入場は無料で、フォーラムの聴講も無料でできる。

詳しくは公式サイトhttp://www.jsae.or.jp/expo/まで。

(文と写真=田沼 哲)

「童夢」のブースに展示されていた「シビック・タイプR」。ルーフやボンネット、トランクリッドなどを「カーボンファイバー複合材(CFRP)」に替えた軽量化のサンプル。ちなみにルーフはスチール製のノーマルの12.12kgから3.8kgへ、ボンネットは8.18kgから3.18kgへとそれぞれ軽量化が図られたそうだ。
「童夢」のブースに展示されていた「シビック・タイプR」。ルーフやボンネット、トランクリッドなどを「カーボンファイバー複合材(CFRP)」に替えた軽量化のサンプル。ちなみにルーフはスチール製のノーマルの12.12kgから3.8kgへ、ボンネットは8.18kgから3.18kgへとそれぞれ軽量化が図られたそうだ。
レーシングパーツで有名な「戸田レーシング」も出展。軽量化の一例として展示したシビック用の「ダンパー」(左)は、CFRPやチタンなどを用い、同社の通常品(右)の約5kgに対して約3kgへと重量軽減した。
レーシングパーツで有名な「戸田レーシング」も出展。軽量化の一例として展示したシビック用の「ダンパー」(左)は、CFRPやチタンなどを用い、同社の通常品(右)の約5kgに対して約3kgへと重量軽減した。
アルファ・ロメオ、フォード、そしてVW用と思しきカムカバーを仲良く並べた部品メーカー。このショーならではの光景である。
アルファ・ロメオ、フォード、そしてVW用と思しきカムカバーを仲良く並べた部品メーカー。このショーならではの光景である。
高性能ピストンで有名な「マーレ」グループのエンジン開発、製造会社である「マーレ・パワートレイン」が出展した「ダウンサイジング・エンジン」。燃費改善の提案として、自然吸気の2400ccエンジンから50%のダウンサイジングを試みたもので、ツインシーケンシャルターボ、ピエゾ式のダイレクトインジェクターを備えた直列3気筒1200ccエンジンは、最高出力196ps、最大トルク29kgmを発生。燃費は30%改善されるという。
高性能ピストンで有名な「マーレ」グループのエンジン開発、製造会社である「マーレ・パワートレイン」が出展した「ダウンサイジング・エンジン」。燃費改善の提案として、自然吸気の2400ccエンジンから50%のダウンサイジングを試みたもので、ツインシーケンシャルターボ、ピエゾ式のダイレクトインジェクターを備えた直列3気筒1200ccエンジンは、最高出力196ps、最大トルク29kgmを発生。燃費は30%改善されるという。
ヨーロッパ市場向けのトヨタ・アベンシス、レクサスISなどに積まれている2.2リッター直4の「ターボディーゼルエンジン」は、トヨタではなく「豊田自動織機」のブースに展示されていた。なぜならば、開発および生産を同社が担当しているから。このショーにくれば、こうしたちょっとした裏事情(?)もわかるのだ。
ヨーロッパ市場向けのトヨタ・アベンシス、レクサスISなどに積まれている2.2リッター直4の「ターボディーゼルエンジン」は、トヨタではなく「豊田自動織機」のブースに展示されていた。なぜならば、開発および生産を同社が担当しているから。このショーにくれば、こうしたちょっとした裏事情(?)もわかるのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。