ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸

2008.05.21 自動車ニュース

ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸

ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸

フォードジャパンリミテッドは2008年5月21日、フォードグループのブランドである「リンカーン」のラクシャリーSUV「ナビゲーター」の日本導入を発表。同日より全国のフォード販売会社にて販売を開始した。

ドアミラーやベルトライン、サイドパネル、ドアハンドルなど、各所にクロームパーツが配される。
ドアミラーやベルトライン、サイドパネル、ドアハンドルなど、各所にクロームパーツが配される。
クロームのアルミホイールに組み合わされるのは、275/55R20サイズのオールシーズンタイヤ。
クロームのアルミホイールに組み合わされるのは、275/55R20サイズのオールシーズンタイヤ。

■Modern American Luxury

アメリカンプレミアムブランドとして位置づけられる「リンカーン」から、8人乗りのフルサイズラクシャリーSUV「ナビゲーター」が上陸した。
欧州フォード車をラインナップからはずしたフォードジャパンは、「Make Everyday Exciting」を掲げるフォードブランドに、「Modern American Luxury」のリンカーンブランドを加え、アメリカ色を強化する考えだろう。

同クラスの「フォードエクスペディション」(日本未導入)をベースとする同車は、今回の導入モデルが3世代目。トレードマークである「リンカーンスター」をデザインキーとした格子状のクロームグリルに、HIDヘッドライトを一体化させたデザインを採用。サイド/リアデザインは、リンカーンブランド共通のクリーンなイメージだ。
なお、日本仕様としては、死角を減らすフロントフェンダー上のミラーやリアウインカーランプなどが増設される。

全長×全幅×全高=5295×2035×1995mm、ホイールベース=3020mmと巨大な体躯は、国産SUVの雄「トヨタ・ランドクルーザー」(4950×1970×1925mm)をはるかに上回る。車重も2730kgと立派。
5.4リッターV8エンジンに6ATというモノグレード展開で、価格は870.0万円となり、ハンドル位置は左のみ。

写真の車両は日本仕様ではなく、販売されるものはテールランプ下にウインカーランプが増設される。
写真の車両は日本仕様ではなく、販売されるものはテールランプ下にウインカーランプが増設される。

ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸の画像

■スピン、横転を抑止する車両安定化技術

ナビゲーターの走りを支えるラダーフレームは、クロスメンバーをフレームレールに貫通させた構造を採用。優れたハンドリングと高い静粛性を生み出すと謳われる。サスペンションは第2世代から採用される、前ショート&ロングアーム/後マルチリンク式が継続して用いられた。
速度や加速度、ヨーレートなどを監視しスリップやスピンを抑える「アドバンストラック」、ロール角とロールレートを監視し、横転リスクを回避する「ロールスタビリティコントロール」という、ラクシャリーSUVの信頼感を高めるための車両安定化技術も採り入れられた。

搭載される5.4リッターのV8 SOHCユニットは、最高出力304ps/5000rpmと最大トルク50.5kgm/3750rpmを発生。組み合わされるトランスミッションは6段のオートマチックとなる。
4輪駆動システムは「コントロールトラック」を採用。4×2/4×4オート/4×4の3モードを手動切り替えできる。


ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸の画像

ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸の画像

ラクシャリーSUV「リンカーン・ナビゲーター」が日本上陸の画像

■ドアの開閉と連動してステップが登場

インテリアはインパネやトリムに本革とリアルウッドを使い、全席本革張り。ラクシャリーカーらしい高級感が演出される。前席は10wayのパワーシートで、シートヒーター/クーラーを備える。高いシート位置への乗降を補助するため、ドアの開閉と連動してパワーランニングボードが展開/格納されるのは便利だ。
2列目は40:20:40、3列目は60:40の分割可到式。電動開閉式となるリアゲートは、運転席からも操作が可能。3列シートもカーゴルーム側面のスイッチで、簡単に格納できる。

地デジフルセグチューナー付きのHDDナビゲーションシステムや、9スピーカーサウンドシステムは標準装備。安全装備として、前席デュアルステージエアバッグ、サイドエアバッグの他、3列目までをカバーするサイドカーテンエアバッグも備わる。シートベルトはすべての乗員に3点式が与えられている。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ナビゲーターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】 2011.4.12 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
    ……631万5225円

    見た目から中身まで刷新された、リンカーンブランドのSUV「MKX」に試乗。果たして、その仕上がり具合は?
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る