第69回:トヨタ博物館で自動車ライブ解説イベント開催〜CAR検フェスティバル in TAMリポート

2008.05.20 エッセイ

第69回:トヨタ博物館で自動車ライブ解説イベント開催〜CAR検フェスティバル in TAMリポート


トヨタ博物館で自動車ライブ解説イベント開催〜CAR検フェスティバル in TAMリポート

名古屋のトヨタ博物館(TAM)で、2008年4月19、20日の両日に「CAR検フェスティバル」が行われました。TAM秘蔵の名車をイベント会場に持ち込み、実物を目の前にして碩学の解説を聞くという画期的な企画です。


第69回:トヨタ博物館で自動車ライブ解説イベント開催〜CAR検フェスティバル in TAMリポートの画像
高島鎮雄さん(左)と岡部いさくさん。
高島鎮雄さん(左)と岡部いさくさん。

昨年のイベントでやり残したこと

昨年もここTAMでCAR検のイベントが開催され、大盛況でした。受験に向けた勉強のための講座「夏期特別プログラム」で、参加者は1日クルマ漬けだったのです。懇親会もあり、充実した催しでしたが、ひとつだけモッタイナイと感じたことがあったのです。

せっかくこんなに素晴らしいクルマが揃っているのに、それを教材にしていない、ということです。日本でも有数の所蔵車を誇っているのがこのTAMなのですから、クルマ好きにとっては聖地とも言っていい場所。この地の利を活かさない法はありません。

ダメもとでオファーをしてみたところ、ありがたいことに快諾していただきました。図々しくも4台のクルマをイベント会場に移動させていただくことになったのです。

「タッカー」
「タッカー」

第69回:トヨタ博物館で自動車ライブ解説イベント開催〜CAR検フェスティバル in TAMリポートの画像

バックヤードから名車を引き出す

クルマを前に解説をしていただくのは、自動車歴史研究家の高島鎮雄さんと軍事評論家の岡部いさくさんのお二人。自動車の正統派オーソリティである高島さんに、『クルマが先か?ヒコーキが先か?』の著者である偏愛系自動車マニアの岡部さんの組み合わせとなれば、スリリングなトークになることは間違いありません。

そんなわけで、会場に並べられたクルマのチョイス自体が、すこぶる面白いものになりました。チシタリア202クーペ、シトロエン2CV、サーブ92、フライングフェザー、メッサーシュミットというラインナップです。普段は展示していないクルマをバックヤードから引き出して並べていただきました。

そのほか、「世界の名車展」で展示中のタッカーは動かすわけにはいきませんので、事前にビデオ撮りをしてスクリーンで紹介しました。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ