【スペック】全長×全幅×全高=3935×1685×1440mm/ホイールベース=2545mm/車重=1230kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=287万円(テスト車=312万5000円)

MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)【ブリーフテスト】

MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT) 2008.05.20 試乗記 ……312万5000円
総合評価……★★★★

後ろから見ないとソレと気づかない「MINI」のロングバージョン「MINIクラブマン」。後席が広くなっただけでなく、走りや乗り心地にも大きな違いがあった。
 
MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)【ブリーフテスト】

ファミリーのために

真正面から見ると、ルーフ両端に“角”(つの)があるくらいで、ハッチバックと区別するのが難しい「MINIクラブマン」。しかし、横や後ろにまわると違いは歴然。胴長のプロポーションや観音開きのリアドアなど、懐かしのモーリス・ミニ・トラベラーやオースチン・ミニ・カントリーマンの血統というのがよくわかるユニークなデザインが特徴である。

それだけではただの胴長MINIで済まされそうだが、ボディ右側にも観音開きの“クラブドア”を設けたのがこのクルマの(商売)上手なところ。「これなら後席の乗り降りも便利ですよ!」とアピールされたら、これから家族が増えるからと“卒業”を迫られている若いMINIオーナーや、ファミリーのためにMINIを諦めていた心優しいオトーサンのハートを揺さぶること間違いなし。

そんなマーケティングの巧さもさることながら、実際に運転してみると、少し大人びた性格が快適さを生み、それでいて威勢の良さを忘れていないのが実に絶妙。4m以下に収まる全長は扱いやすく、1.6リッターエンジンは低燃費が期待できるなど、コンパクトカーならではの魅力も十分だ。個性的で元気なファミリーカーがほしいという人にはオススメの一台。そういう私も、すっかりその気になっているオトーサンのひとりである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る