【スペック】全長×全幅×全高=3935×1685×1440mm/ホイールベース=2545mm/車重=1230kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=287万円(テスト車=312万5000円)

MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)【ブリーフテスト】

MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT) 2008.05.20 試乗記 ……312万5000円
総合評価……★★★★

後ろから見ないとソレと気づかない「MINI」のロングバージョン「MINIクラブマン」。後席が広くなっただけでなく、走りや乗り心地にも大きな違いがあった。
 
MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)【ブリーフテスト】

ファミリーのために

真正面から見ると、ルーフ両端に“角”(つの)があるくらいで、ハッチバックと区別するのが難しい「MINIクラブマン」。しかし、横や後ろにまわると違いは歴然。胴長のプロポーションや観音開きのリアドアなど、懐かしのモーリス・ミニ・トラベラーやオースチン・ミニ・カントリーマンの血統というのがよくわかるユニークなデザインが特徴である。

それだけではただの胴長MINIで済まされそうだが、ボディ右側にも観音開きの“クラブドア”を設けたのがこのクルマの(商売)上手なところ。「これなら後席の乗り降りも便利ですよ!」とアピールされたら、これから家族が増えるからと“卒業”を迫られている若いMINIオーナーや、ファミリーのためにMINIを諦めていた心優しいオトーサンのハートを揺さぶること間違いなし。

そんなマーケティングの巧さもさることながら、実際に運転してみると、少し大人びた性格が快適さを生み、それでいて威勢の良さを忘れていないのが実に絶妙。4m以下に収まる全長は扱いやすく、1.6リッターエンジンは低燃費が期待できるなど、コンパクトカーならではの魅力も十分だ。個性的で元気なファミリーカーがほしいという人にはオススメの一台。そういう私も、すっかりその気になっているオトーサンのひとりである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
ホームへ戻る