第228回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (前編)−アメリカ車に「気配りのすすめ」

2012.01.20 エッセイ

第228回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (前編)アメリカ車に「気配りのすすめ」

久々のデトロイト

イタリアから大西洋を渡り、北米国際自動車ショー(デトロイトショー)2012を訪れた。
個人的には久々の米国であるが、やはり面白い。欧州のショーではお目にかかれない、もしくは脇役的なブランドが、こちらでは主役になっているからだ。その感激から、会場を歩きながら思わず口ずさんでいたのは、小林旭の名曲「自動車ショー歌」である。「それでは試験にクライスラー」「鐘がなるなるリンカーンと」……と、米国車がいくつも登場するからだ。

いっぽうでボクが米国を訪れない間に、ポンティアック、オールズモビル、マーキュリーといったブランドが消えていた。ポンティアックは、かの「デロリアンDMC12」の生みの親ジョンZ.デロリアンがGM在籍中に出世の足がかりとしたブランドだ。またオールズモビルやマーキュリーは、キャデラックやリンカーンでは得られない控えめな上品さがあった。したがって個人的には、そうしたブランドの消滅がとても残念である。

デトロイトショーにおけるシボレーの記者発表。左から「CODE 130Rコンセプト」「ソニックRS」「TUR 140Sコンセプト」。
第228回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (前篇)−アメリカ車に「気配りのすすめ」
今日若者がどのようなブランドに関心あるかを説明するシボレー国際マーケティング部のJ.マクファーランド氏。
第228回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (前篇)−アメリカ車に「気配りのすすめ」
「シボレーCODE 130Rコンセプト」。映画『CARS』の登場車を思い出してしまうのは筆者だけか。
第228回:デトロイトで大矢アキオはミタ! (前篇)−アメリカ車に「気配りのすすめ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。