フォードからキャルな雰囲気の「マスタング」限定車

2008.05.19 自動車ニュース

フォードからキャルな雰囲気の「マスタング」限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは、マスタングに限定車「GTカリフォルニア・スペシャル」を設定し、2008年5月20日に販売を開始する。

■ボンネット&リアフェンダーにエアスクープ

「Make Your Real Adventure」キャンペーンの特別仕様車 第2弾として設定された「マスタング GTカリフォルニア・スペシャル」は、4.6リッターV8エンジン搭載のマスタングGT(クーペ)をベースとする、50台限定のカスタマイズドモデル。

標準モデルと異なるのは、チンスポイラー付きのフロントバンパー、エアスクープ付きのボンネットフード、「GT/CS」ロゴ入りのサイドストライプ、エアインテーク付きのリアフェンダー、ディフューザータイプのリアバンパーなど。

内装は、ブラック/キャメルまたはブラック/グレーの2タイプのツートーンレザーシートが特別装備される。

これらのうち、「GT/CS」ロゴ入りサイドストライプとシートデザインは、1968年にカリフォルニア地域で販売されたハードトップ向けのパッケージから、そのデザインを受け継いだという。

カラーは、グラバーオレンジのボディにブラック/キャメルの内装を組み合わせた仕様と、パフォーマンスホワイトのボディにブラック/グレーを組み合わせた仕様の2タイプが用意される。

価格は、ベース車の20万円高、480万円に設定される。

(webCG 曽宮)

マスタング GTカリフォルニア・スペシャル
マスタング GTカリフォルニア・スペシャル
ブラック/キャメル内装
ブラック/キャメル内装
ブラック/グレー内装
ブラック/グレー内装
パフォーマンスホワイト仕様
パフォーマンスホワイト仕様

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る