フォードからキャルな雰囲気の「マスタング」限定車

2008.05.19 自動車ニュース

フォードからキャルな雰囲気の「マスタング」限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは、マスタングに限定車「GTカリフォルニア・スペシャル」を設定し、2008年5月20日に販売を開始する。

■ボンネット&リアフェンダーにエアスクープ

「Make Your Real Adventure」キャンペーンの特別仕様車 第2弾として設定された「マスタング GTカリフォルニア・スペシャル」は、4.6リッターV8エンジン搭載のマスタングGT(クーペ)をベースとする、50台限定のカスタマイズドモデル。

標準モデルと異なるのは、チンスポイラー付きのフロントバンパー、エアスクープ付きのボンネットフード、「GT/CS」ロゴ入りのサイドストライプ、エアインテーク付きのリアフェンダー、ディフューザータイプのリアバンパーなど。

内装は、ブラック/キャメルまたはブラック/グレーの2タイプのツートーンレザーシートが特別装備される。

これらのうち、「GT/CS」ロゴ入りサイドストライプとシートデザインは、1968年にカリフォルニア地域で販売されたハードトップ向けのパッケージから、そのデザインを受け継いだという。

カラーは、グラバーオレンジのボディにブラック/キャメルの内装を組み合わせた仕様と、パフォーマンスホワイトのボディにブラック/グレーを組み合わせた仕様の2タイプが用意される。

価格は、ベース車の20万円高、480万円に設定される。

(webCG 曽宮)

マスタング GTカリフォルニア・スペシャル
マスタング GTカリフォルニア・スペシャル
ブラック/キャメル内装
ブラック/キャメル内装
ブラック/グレー内装
ブラック/グレー内装
パフォーマンスホワイト仕様
パフォーマンスホワイト仕様

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
ホームへ戻る