フォードからキャルな雰囲気の「マスタング」限定車

2008.05.19 自動車ニュース

フォードからキャルな雰囲気の「マスタング」限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは、マスタングに限定車「GTカリフォルニア・スペシャル」を設定し、2008年5月20日に販売を開始する。

■ボンネット&リアフェンダーにエアスクープ

「Make Your Real Adventure」キャンペーンの特別仕様車 第2弾として設定された「マスタング GTカリフォルニア・スペシャル」は、4.6リッターV8エンジン搭載のマスタングGT(クーペ)をベースとする、50台限定のカスタマイズドモデル。

標準モデルと異なるのは、チンスポイラー付きのフロントバンパー、エアスクープ付きのボンネットフード、「GT/CS」ロゴ入りのサイドストライプ、エアインテーク付きのリアフェンダー、ディフューザータイプのリアバンパーなど。

内装は、ブラック/キャメルまたはブラック/グレーの2タイプのツートーンレザーシートが特別装備される。

これらのうち、「GT/CS」ロゴ入りサイドストライプとシートデザインは、1968年にカリフォルニア地域で販売されたハードトップ向けのパッケージから、そのデザインを受け継いだという。

カラーは、グラバーオレンジのボディにブラック/キャメルの内装を組み合わせた仕様と、パフォーマンスホワイトのボディにブラック/グレーを組み合わせた仕様の2タイプが用意される。

価格は、ベース車の20万円高、480万円に設定される。

(webCG 曽宮)

マスタング GTカリフォルニア・スペシャル
マスタング GTカリフォルニア・スペシャル
ブラック/キャメル内装
ブラック/キャメル内装
ブラック/グレー内装
ブラック/グレー内装
パフォーマンスホワイト仕様
パフォーマンスホワイト仕様
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る