第41回:映画「007」の新作ロケとニアミス! 恐怖のカロッツェリア

2008.05.17 エッセイ

第41回:映画「007」の新作ロケとニアミス! 恐怖のカロッツェリア

伝統の学生バカ騒ぎ

毎年5月になると、普段は静かなシエナの街が妙に騒がしくなる。
大音量の音楽が、そこいらに響きわたる。音質は最悪で、何の曲がかかっているのかなどわからない。
スピーカーを載せているのは、ヘンテコな自動車の隊列だ。
何かというと、「フェスタ・デッラ・マトリーコラ」という大学新入生のお祭りである。

イタリアで大学の新年度は周辺諸国と同じ9月だ。しかし、新入生祭りは年を越えて夏休み前、つまり学年末近くに行なわれる。
毎年会期中には、学生の中から年男たる王子様を選ぶのが慣わしだ。この王子様歴は、生涯の誇りらしい。だから「俺は若い頃、王子様だった」などと言う親父にときおり出くわす。少なくともイタリアでは、カレーの王子様よりも偉いのである。

広場のバルコニーからアーティチョークをばら撒くのも伝統儀式だ。おばさんたちは、夕食のおかずに(?)「待ってました」といわんばかりに、下で待ち構えている。
そうした大学イベントのなかで、冒頭のヘンテコな自動車が毎年登場するのである。地域によってさまざま経緯があろうが、古くは山車(だし)で行なっていたものを次第にクルマで行なうようになったと思われる。

シエナのトロメイ広場に結集した「お祭りグルマ」たち。
シエナのトロメイ広場に結集した「お祭りグルマ」たち。
「セアト・マルベーリャ」の改造車。
「セアト・マルベーリャ」の改造車。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。