「プリウス」の累計台数が100万台を突破

2008.05.16 自動車ニュース

「プリウス」の累計台数が100万台を突破

トヨタ自動車は、1997年に誕生したハイブリッドカー「プリウス」の累計販売台数が、2008年4月時点で100万台を突破したと発表した。

■次なる目標はハイブリッド年間100万台

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」の累計販売台数が100万台を突破したと発表した。プリウスは、1997年に世界初の量産ハイブリッドカーとして登場。2003年のフルモデルチェンジでは、ハイブリッドシステムを“パワーとエコ”を両立した「THS II」へと進化させる。結果、2代目プリウスは2〜3リッターターボ並のトルク(40.8kgm)を稼ぎ出しながら、10・15モード燃費は35.5km/リッター(JC08モードで29.6km/リッター)という優れた燃費性能を実現した。

2000年以降は海外での販売も開始され、欧米をはじめ各地で好評を博している模様。2005年からは中国(長春工場)での生産を開始、2009年からは韓国での販売を予定するなど、さらに市場を拡げている。

燃費性能の良さは、地球温暖化の原因のひとつとされるCO2低減に直結する。トヨタ自動車の試算によると、プリウス普及によるCO2の抑制効果は、2008年4月時点で約450万トンに及ぶという。

トヨタ自動車は、今後ハイブリッドモデルの設定車種をさらに拡げ、2010年代のなるべく早い段階で、ハイブリッド車を“年間100万台”レベルまで引き上げたいとしている。

(webCG 曽宮)


「プリウス」の累計台数が100万台を突破の画像

「プリウス」の累計台数が100万台を突破の画像

「プリウス」の累計台数が100万台を突破の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・カローラ アクシオ 1.5G/カローラ フィールダー ハイブリッドG“AEROTOURER”【試乗記】 2015.5.5 試乗記 デビューから3年を経て、トヨタのセダン「カローラ アクシオ」とワゴン「カローラ フィールダー」にマイナーチェンジが施された。内外装のみならず、パワーユニットから安全装備まで手を入れられた、最新型の実力やいかに? 都内の一般道で試乗した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
ホームへ戻る