「プリウス」の累計台数が100万台を突破

2008.05.16 自動車ニュース

「プリウス」の累計台数が100万台を突破

トヨタ自動車は、1997年に誕生したハイブリッドカー「プリウス」の累計販売台数が、2008年4月時点で100万台を突破したと発表した。

■次なる目標はハイブリッド年間100万台

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」の累計販売台数が100万台を突破したと発表した。プリウスは、1997年に世界初の量産ハイブリッドカーとして登場。2003年のフルモデルチェンジでは、ハイブリッドシステムを“パワーとエコ”を両立した「THS II」へと進化させる。結果、2代目プリウスは2〜3リッターターボ並のトルク(40.8kgm)を稼ぎ出しながら、10・15モード燃費は35.5km/リッター(JC08モードで29.6km/リッター)という優れた燃費性能を実現した。

2000年以降は海外での販売も開始され、欧米をはじめ各地で好評を博している模様。2005年からは中国(長春工場)での生産を開始、2009年からは韓国での販売を予定するなど、さらに市場を拡げている。

燃費性能の良さは、地球温暖化の原因のひとつとされるCO2低減に直結する。トヨタ自動車の試算によると、プリウス普及によるCO2の抑制効果は、2008年4月時点で約450万トンに及ぶという。

トヨタ自動車は、今後ハイブリッドモデルの設定車種をさらに拡げ、2010年代のなるべく早い段階で、ハイブリッド車を“年間100万台”レベルまで引き上げたいとしている。

(webCG 曽宮)


「プリウス」の累計台数が100万台を突破の画像

「プリウス」の累計台数が100万台を突破の画像

「プリウス」の累計台数が100万台を突破の画像

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る