【スペック】全長×全幅×全高=5411×2078×1473mm/ホイールベース=3116mm/車重=2655kg/駆動方式=FR/6.75リッターV8OHV24バルブ(537ps/4000rpm、107.1mkg/3200rpm)(欧州仕様車)

ベントレー・ブルックランズ(FR/6AT)【海外試乗記(前編)】

比類なき正統派クーペ(前編) 2008.05.16 試乗記 ベントレー・ブルックランズ(FR/6AT)

英国モータースポーツ発祥の地名が冠される高性能クーペ「ベントレー・ブルックランズ」。伝統と絢爛のフラッグシップに『CG』高平高輝が試乗した。
『CG』2008年5月号から転載。
ダークステインド・ヴァヴォア(セコイアの根の部分)というウッドトリムとすべてステンレススチールで仕上げられた“光物”の組み合わせは派手すぎるかもしれないが、もちろんいかようにも注文可能。
ベントレー・ブルックランズ(FR/6AT)【海外試乗記(前編)】

お客様のための試乗会

ベントレーの販売・マーケティング担当役員のスチュアート・マックローは上機嫌だった。これまで度々宣言してきた通り2007年には1万台きっちりのセールスを実現し、このブルックランズのオーダーリストもほとんど埋まっているというから能弁になるのも無理はない。それにしても、わずか550台の限定生産モデルだというのに、豪勢な発表試乗会を催す真意はどこにあるのだろう?

フィレンツェ市街地を見はるかすトスカーナの丘のヴィラで開かれた試乗会のディナーの席で、マックロー重役に機先を制されてしまった。「一昨日の晩、北米のジャーナリストから質問されたんです。もうほとんど売れてしまっている車の試乗会をわざわざ開催する目的は?とね」それこそ、空港に迎えに来たアルナージTの後席で考えていたことだった。

それで、あなたはなんと答えたんですか?「もう売れてしまっているなら、それ以上PRする必要はない。そういうドライな考え方もあるでしょう。ただ私たちは、ベントレーが今何を考え、何をしているかをアピールすることは大切だと思っています。その時点での注文書の枚数にかかわらず、です。それからもうひとつ、待っていてくださるブルックランズのオーナーの皆さんへ伝えることも大事でしょう? あなたの選択は間違っていませんよ、とね」

さすがはヨーロッパにおけるレクサス・ビジネスを取り仕切り、高級車界の両極を知る男である。余裕の発言の中に、正しくオーナーに伝えてくれ、と品良く我々にプレッシャーをかけることも忘れていない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る