「スズキMRワゴン」に質感を高めた特別仕様車

2008.05.15 自動車ニュース
 
「スズキMRワゴン」に質感アップの特別仕様車

「スズキMRワゴン」に質感を高めた特別仕様車

スズキは、軽乗用車「MRワゴン」に、特別仕様車「Wit リミテッド」を設定し、2008年5月15日に販売を開始した。

 
「スズキMRワゴン」に質感を高めた特別仕様車

■ベージュ内装を選べます

「MRワゴン Wit」は、専用デザインの立体感のあるフロントグリルや前後バンパーを採用し、標準モデルとはひと味違ったスタイリッシュな外観を演出したモデル。そのMRワゴン Witをベースに、上質感のある内装部品やHIDヘッドライト、14インチアルミホイールを付加し質感を高めたのが、「Wit リミテッド」だ。

内装は、標準設定の黒のほかにベージュを用意し、明るい雰囲気を演出。さらに本革巻きステアリングやシルバー・ヘアライン塗装のセンターガーニッシュ、メッキ加飾のドアハンドルやシフトノブスイッチなどを採り入れ、見栄えをよくしたという。

内・外装色の組み合わせは、紺と白の外装にはベージュ内装を、茶と紫のボディではベージュとブラックを選べるようにし、黒外装には黒内装を組み合わせた。

価格は、2WDが120万5400円、4WDは132万3000円。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る