【スペック】全長×全幅×全高=4370×1750×1410mm/ホイールベース=2660mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=538.0万円(テスト車=559.5万円)

BMW135iクーペ(FR/6MT)【ブリーフテスト】

BMW135iクーペ(FR/6MT) 2008.05.15 試乗記 ……559.5万円
総合評価……★★★★

BMWの「1シリーズ」にクーペボディが加わった。現代の「2002」と謳われるコンパクトな3ボックスモデルは、3リッターターボの強心臓を持つ。その走りやいかに?

BMW135iクーペ(FR/6MT)【短評】

ファッション性を捨て、走りで勝負

1シリーズの新しいラインナップ、「135iクーペ」をBMWは名車「2002」の再来と謳う。コンパクトなサイズにしてもそうだし、何よりクーペというより2ドアセダンと呼ぶほうがしっくりきそうなスタイリングは、たしかにそんなイメージを想起させる。
ただし、それが本当に狙ったものなのかはわからない。1シリーズの期待を上回る人気で急遽クーペをデザインしたものの、ロングノーズの1シリーズをベースに全長を3シリーズ以下まで切り詰め、それでいて後席のヘッドルームを確保しようとしたら必然的にこうなっただけという気もする。正直、手放しで賞讃できるほどスタイリッシュとは思えない。けれど妙に納得させられてしまうのは、やはりブランド、そして積み上げてきた歴史の力だろうか。

もちろん、3シリーズが随分立派になってしまった今、このサイズで3ボックスシェイプの、しかも小気味よい走りを予感させるBMWが登場したことへの期待感も大きく作用しているのは間違いない。そして嬉しいことに、135iクーペの実力は、期待に十分応えるものだと言えそうだ。
見た目ほどには軽くない車重や大パワーのターボエンジン、Mスポーツの足まわりなどが構築する走りの世界観は、3シリーズクーペのものと基本的に共通の、どちらかといえば重厚なものなのは事実。しかし内外装から感じるタイトな凝縮感、そして335iクーペにはない6段MTがもたらす歯切れ良いドライブフィールが、久々のBMWらしい小股の切れ上がったようなテイストを堪能させてくれるのである。
問題はMTで538.0万円という安くはない価格だが、決して高くはないハッチバックの「130i Mスポーツ」が495.0万円と考えれば、むしろリーズナブルと言うべきかもしれない。ファッション性という意味でどれだけの惹きがあるのかは微妙だが、それなら他にも選択肢はある。この135iクーペは、走りにこだわり、自分のために主張をもってクルマを選べる人にこそオススメしたい。
さらに付け加えるならば、その魅力を余すことなく味わうためには、是非ともMTを選んでほしいところである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る